嫁姑の仲がいい人には理由が!姑と良い関係を続けるには

嫁姑の仲がいい人には理由が!姑と良い関係を続けるには

嫁姑の仲がいい人には理由が!姑と良い関係を続けるには

スポンサーリンク

助けが必要?嫁姑の仲がいい理由は

ドラマでよく見る嫁姑関係。
自分がもし姑だったら、自分の息子が結婚してしまうと他の女性のものになった気がして正直いい気はしないと感じる気がします。
そのため、ある程度は確執があるだろうと覚悟していました。
ですが、考えていたような嫁姑関係ではなく友好的に過ごしています。
思うと、嫁姑の仲がいい理由は夫の助け、義母の人柄によるところが大きい気がします。
私が身を持って体験している嫁姑関係がいい理由、参考にしてもらえると嬉しいです!

連絡するのは夫から

連絡するのは夫から

夫は家族と仲がよく、義理のお父さん、義理のお母さんとも度々メールのやりとりをしています。
意味のないメールをやり取りすることもあり、その内容を教えてくれたりします。
結婚するまでずっと実家に住んでいた夫。
今でも、定期的に子供を連れて実家に帰ります。
男性は家を出ると実家に寄り付きたくなくなるといいますが、それとは逆のパターンです。
そのため、姑から私宛ではなく夫に対してメールが来ます。

実はメールアドレスは教えてもらってはいるものの、私からは舅、姑に一度も連絡したことがありません。
向こうからも連絡が来ません。
かといって仲が悪いかというとそうではなく、さっぱりした関係です。
孫に会いたい時も嫁にメールを送るのではなくて夫に。
こちらからも、実家に遊びに行く時は夫から「今から行くね」メールを送ってもらうようにしています。

写真、動画をこまめに送って

写真、動画をこまめに送って

夫を介してですが、子供の写真や動画をこまめに送ってもらっています。
舅、姑は孫が大好き。
近くに住んでいるものの、週末は休日なので身体を休めたく毎週会うわけにはいきません。

そこで、写真や動画をメールなどで送っています。

義理の実家に帰った時に送った写真を大判サイズでプリントアウトして飾っておいてくれて、「上手に撮れたね」と言われた時は正直嬉しかったです。
出産祝いでビデオカメラをもらったので、撮影した動画を送って孫の姿を楽しんでもらったりもしています。
また、声も聞きたいようで、夫の携帯電話によく電話がかかってきて「孫の声が聞きたい」とあるようです。
そんな時は「おじいちゃんこんばんは」と電話をかけたりしています。

孫と触れ合って楽しんでもらうことが大事

孫と触れ合って楽しんでもらうことが大事

実家が大好きな夫なので、1ヶ月に1度ほど、実家に帰って孫と遊んでもらっています。
その間、私は自由時間。
遊びに出かけ、おみやげとしておいしいスイーツを買ってきます。
この時間が私にとっても楽しみです。
実は、双方にとっていちばんいい関係が築けているのはここではないかと思います。

嫁が一緒にいると遊びに出かけるのにも気を遣ってしまうはず。
孫と夫を実家に預け、嫁は遊びに行く。
義理の父、母は、娘を公園に連れていったり、スーパーに連れて買い物したり自由に過ごしているそう。

おやつも口出しせず、買い与えるもの、行く場所も自由にしています。その関係が楽で気遣わずに済む関係になっています。

もちろん、こうなるまでには時間もかかりました。現在はこれがベストな関係です。

孫への愛情もあり、孫の好みもわかってくれます。
木のどうぶつの形の積み木を1人目に、2人目が産まれた時にも出産祝いに素敵な贈り物を、こんなプレゼントを贈ってくれる、義理の父、母が私も大好きです。
私が好きだから、子供もおじいちゃんとおばあちゃんが大好き。
べったりした関係ではないものの、いい関係を築けているのはこういった理由があるからのような気がします。

姉妹のような嫁姑

姉妹のような嫁姑

7年付き合った主人と私。いわゆる「出来婚」でした。
独身貴族を謳歌して、有り金は使ってしまう 似たもの同士の私達に 貯金などわずかしかなく、同居以外の選択などありませんでした。
楽観的で あまり物事を深く考えない性分の私。
友人には 散々止められましたが、2つ返事で同居にゴーサインを出したのでした。

実父より10歳若い姑

姑はスタイルも良く、美人なので 見た目はさらに若く見えます。
主人には1つ上の姉と2つ下の妹がいるのですが、3人並ぶとまるで3姉妹?と間違うほどでした。
結婚式は神前式で、親兄弟のみで済ませたのですが その時の写真を後日友人にみせると「えっ、お母さんってどの人?」って聞いてきた程でした。

経験者だからこそ

経験者だからこそ

姑自身も、同居経験者です。私が嫁いで直ぐの数年は、大姑も健在でした。
すぐ近所に、舅のお姉さんが住んでいるんですが 悪気は無いけど、口が悪いタイプで 姑が嫁いだ当初は 「シンデレラのようだった」、色々苦労したと言っていました。
だからこそ、「ウチに嫁が来たら、絶対可愛いがる」と心に決めていたんだそうです。
こういった前向きな性格を、私は尊敬しています。

気の合う2人

大阪育ちの姑は、性格もサバサバしてて 世話好き。
私は、年の離れた兄3人がいる 末っ子長女で 性格は男らしい方なので、打ち解けるのにそんなに時間はかかりませんでした。
何より、2人とも大のお酒好き。
舅も、ウチの主人も 飲まないので 「晩酌相手が出来て嬉しい」と 言ってくれてます。

言いたい事は、我慢せずに言う

長く一緒に生活していると、多かれ少なかれ、お互いに不満が出てきます。
お互いに 飲み込む部分と、譲れない部分が分かれば 生活しやすくなりますし、それが功を奏して? 今では 「アンタが私の娘で、息子が婿だと思ってる」と、言われるまでの仲になりました。
「親しき中にも礼儀あり」は、勿論ですが 適度に吐き出す事も大事だと思っています。
どうしても、無理だと思ったなら「ここは、異国だ」と思いましょう。

「言葉が通じるだけ、マシ」なんです。

あとは いかに仲の良い相手でも、相手の話は、話半分に聞いて 丁度良いと思いましょう。
過去の自分って、美化されている部分が大半ですしね(笑)

お下がりならぬ、お上がり

お下がりならぬ、お上がり

独身時代、アパレル勤務をしていた私。それなりに衣装持ちでした。
ただし、妊娠中15キロも増えてしまい 全く着れなくなったのでリサイクルに出すことに。その前に、もし気に入るのがあればと思い 姑に声をかけると、「全部、いる!」即答でした(笑)今でも、姑の服のレパートリーは8割が 「お上がり」となっています。
そのおかげかどうかは分かりませんが、たまに保育園のお迎えを頼むと、先生や保護者の方に 「お母さん」と、間違われるそうです。
「いえいえ、私 還暦ですから〜」って返すのが 定番化していて、本人も嬉しそうです。

仲良しは姑だけじゃない

仲良しは姑だけじゃない

お互い仕事をしてるのですが、たまに休みが合うと 2人でカラオケに行ったりランチしたり…まるで友達のような関係を築けています。
世間一般の「田舎暮らしで、同居中の長男の嫁」のイメージとは 随分掛け離れた私たち。
当初、反対していた友人も 今では羨ましがるほどです。

ついでに言うと、主人の姉と妹も 私を本当の姉妹のように思って接してくれています。
お互いの誕生日に プレゼントを贈り合うのは勿論「姑、私、主人の姉、主人の妹」の4人でLINEのグループを作ってるんです。
新しいスタンプを入手すれば、誰かが 鬼のように送って来たり…まるで女子高生のノリで、良い関係を築けてます。

こんな、嫁姑もいるんですよって事を知ってもらう為に、今回 記事にしてみました。
我が家の場合は、特殊なケースかも知れませんが…固定概念を捨てて、飛び込んでみるのも「有り」かもしれませんよ?

人間関係トラブルカテゴリの最新記事