ママ友付き合いは怖がらないで積極的に!子供の失言にも注意しよう

ママ友付き合いは怖がらないで積極的に!子供の失言にも注意しよう

ママ友付き合いは怖がらないで積極的に!子供の失言にも注意しよう

スポンサーリンク

ママ友付き合いで感じたこと

ママ友との付き合いに悩む人や、トラブルに巻き込まれることもある昨今。

いいママ友と巡り会うにはどうすればいいのか、自分なりに感じた事を書いていこうと思います。

ママ友って友達?

ママ友って友達?

一口に「ママ友」といっても、ママ友とはそもそも「友達」なのでしょうか?

子供を通じて知り合った人と仲良くなりたいと思う時、その最初の理由を意識して考えてみると、「子供に同じ年齢のお友達を作ってあげたい」「ママ友とのお付き合いを通して、子育てや地域の情報を得たい」と、子供にとってのメリットを考えてのことだったりします。

ママにとって子育ては大仕事。そう考えると、これってサラリーマンでいう仕事上のお付き合いに似ているところがあるように思います。

仕事上、例えば取引先の人とのお付き合いとあれば、性格の合う合わないに関係なく、自社の売上を良くする為、上手く関係を築いていかなければなりませんよね。

少しでもより良い子育てを考えるママにとって、ママ友との関係は、これに似たものがあるように思います。

割り切れない関係

ママ友との関係

まるで仕事上のお付き合いのような、ママ友との関係。

ただ、子育てはママにとって、仕事でもありプライベートでもあります。ここが、他の友達関係や仕事での付き合いにない難しさだと思うのです。

ただの友達なら、気の合う人とだけ仲良くなればいい。仕事で仕方なく付き合わなければならない人でも、プライベートまで干渉されることはない。

CHECK

けれど、ママ友関係はそういう訳には行きません。

子育てをより良くする為、ある程度お付き合いで色々な行事に参加する事も必要だし、そういう交流を通して仲良くなれば、子供の話を中心に、自然とプライベートな話にもなりますよね。

そんな割り切れない部分があるのが、ママ友関係の一番難しいところであり、トラブルになり得る原因とも言えるのではないでしょうか。

それでもママ友を作るメリット

それでもママ友を作るメリット

ここまで小難しく話を続けてきましたが、こう聞くと、これからママ友を作っていこうとされているプレママさんや、生まれたばかりのお子さんを持つママさんは、ますます不安に感じてしまったでしょうか。

「ママ友を無理して作る必要はない。」

「自分なりにマイペースに子育てしていけばいい。」

妊娠中にそう考えていたのは、他でもない筆者自身です。
初めてママ友という存在が出来た時には、他の子より自分の子のハイハイが遅い事を気にしたり、小さな事を気にしすぎたりして、例えば、子供に少しくたびれた靴下を履かせて行って、「無頓着な性格だと思われたかな⁇」等と思ったり、要らぬ気遣いばかりしてしまって、後々疲れてしまったり。

今思うと、苦笑いしてしまうことばかりです。

確かに、子育てをし出して2年程になりますが、本当に色々なタイプのママに出会い、中には性格の全く違う人ももちろんいました。友達としては合わないのかなと思う人も、中にはいます。

それでも、性格や年齢、環境は違っても、皆ママとして本当に日々頑張っていて、とっても素敵だし、尊敬する人ばかりです。一緒にいて、いい刺激になる事も多いです。

また、子供が出来るまでは、気の合う友達と気楽な付き合いをしているだけでしたが、子供を通して色々なタイプの人と接することになり、自分自身のコミュニケーション能力も高まったように感じます。

そして、仲良く付き合っていけば、心強いサポーターのように、困った時には助け合え、子供の成長を一緒に見守り合うことがます。

特に筆者も含めて、実家や身内が遠方に住む家庭にとっては、本当にありがたい存在になります。

怖がらずにママ友作りを

煩わしい事も皆無ではないけれど、やっぱり有り難い存在でもあるママ友。

色々な性格の人はいますが、どんな時も誠実に相手の立場に立って接すれば、きっといい関係が築けるはずです。

他の友達関係や、仕事上のお付き合いも同様、人間関係で大切なのは、やはり相手に対する誠実さ。それさえ忘れなければ、きっといい距離感の取れたママ友付き合いができると思います。

子供にとってだけでなく、自分にとってもプラスになる事も多いママ友関係。子育ての戦友として、長年に渡る友達になることもあるといいます。

あまり気負い過ぎることなく、いいコミュニティを築けるといいですよね。

子供って思ったことを言っちゃうんです!

子供って思ったことを言っちゃうんです!

産まれたときは、とても小さかった赤ちゃんも、1~2年も経つと、歩いたりしゃべったりできるようになります。

子供の成長は本当にあっという間だなぁと実感することも多いですよね。何にもできずにただ上を眺めていただけの赤ちゃんが、自分の意志をもって、触りたいものにさわったり、行きたいところに行けるようになるのですからね。

もちろん動くようになると、危険も増えますから、目が離せなくなって大変なことも多いですけどね。ただ、動くようになったときに注意するのはもちろんなのですが、しゃべりだすようになってからも大変なことってあるんですよ。

子供がやばいことを口走って、ママが冷や汗、なんてことも、あり得るんですよ。

体のことは言っちゃダメ

例えば我が家ですが、長男が3歳のとき、あるスーパーのレジに並んでいたら、レジの人がふくよかな人だったんですが、その時のことです。

我が子ったら「このおデブちゃんすごい」って言っちゃったんです!

でも、少し小さ目の声だったので、レジのその人に聞こえているかどうかはすごく微妙で、聞こえてたらどうしようと、こっちが冷や汗ものでした。

聞こえているかどうかわからないのに「すみません」というのも微妙だし、ハッキリ聞こえてはいないだろう、という思いもあったし、私自身が何も聞こえないふりをして普通にレジで会計を済ますしかありませんでした。聞こえてたらごめんなさい!

その日の前日、テレビでかなり太った人たちのダイエット計画の番組をやっていたので、その影響だろうと思うのですが、言ってはいけないこととそうでないことの区別をつけさせるのが難しい年頃ってあります。

そのことも言っちゃダメ

そのことも言っちゃダメ

さらに、今3歳の次男ですが、また別のお店で買い物をしたときに、レジの人が、顔にほくろが多い人だったんです。そしてそのレジの人に「顔にほくろいっぱいあるね」と言ってしまったんです!(あ、やばい!)と私は思ってしまいました!

その人は微笑んでいたのですが、心の中ではどう思っていたことやら……。ほくろを気にしている人だったら、内心怒っているか、いやな気持ちになっているだろうなと……。

お店を出たあと、「体のこともそうだけど、顔にほくろがいっぱいあるとかも言っちゃダメなんだよ」と言いましたが、

3歳にそれを理解するのって難しいですよね。ほくろが多いのも言ってはだめなの?なんで?っていう感じでしょうか……。

人を指さしたらダメ

人を指さしたらダメ

そしてそして、また3歳の次男と公園にいたとき、おそらく障害のある感じの男性がフラフラと目の前を通ったんです。そうしたら「この人だれー??」と指をさしながら次男が言ってしまったのです!どうしたらいいものかと一瞬困りましたが、その人が去った後に「知らない人だよ」と言いましたが……。

突然言い出すことに、どう対応したらいいか迷うことって多いですよ~。
近所のおばさんやおじさんなら「こんにちは」で済むのかもしれませんが、ちょっと目つきの怖い、少し怪しげな男性だったので、それもなんだかできず……。

喋り出すと、(それは言っちゃだめ……)っていうことも突然言ったりしますからね、焦ります!

子供にきちんと説明することが大切。怒るのではなく叱りましょう。そうゆう事を言ったら「とても悲しい」「とても苦しい」気持ちになることを説明してあげましょう。

人間関係トラブルカテゴリの最新記事