旅行に新幹線にのって温泉巡り!上野動物園も活用!

旅行に新幹線にのって温泉巡り!上野動物園も活用!

旅行に新幹線にのって温泉巡り!上野動物園も活用!

スポンサーリンク

上野動物園を行ってみた

上野動物園

わが子が生まれて約7か月となり、そろそろ動物園デビューしようと今回、上野動物園に行ってきました。
動物園デビューは、1歳のお誕生日を迎える前の0歳の時に行くと免疫力がつく、とか、アレルギー予防になるとか言われています。
皆さんもお子さんと一緒に動物園にいきませんか?

動物園入り口で記念撮影

動物園入り口で記念撮影

動物園に着いたらまずは、みんなで揃って記念撮影をしました。子供は疲れるとすぐ寝てしまいます。
帰りに記念撮影をしようと思ったら、子供が寝ていて寝顔での記念撮影になってしまったということが多々あります。
写真のためだけにすやすや寝ている子供を起こすのはなんだかかわいそうに感じてしまいます。
ということで、娘が寝てしまうと残念な記念撮影になるので、寝てしまう前にみんなではいチーズっ。

入り口には動物が形とられている植木がお出迎えしてくれています。

やっぱりメインは……

ジャイアントパンダ

上野動物園と言ったらやっぱり欠かせないのが「ジャイアントパンダ」です。いつ行っても長蛇の列です。
午前中に行くのであれば20~40分待ちで比較的に入りやすいです。
それ以上の待ち時間の時は、待ち時間を取るか、ほかの動物を見てからパンダを見るか、考えたほうがいいです。
私はほかの動物を見てから待ち時間を選びました。
私の場合は、待ち時間が短くなったときに並びました。
子供と一緒だと待ち時間がもったいないと感じてしまいますね。
子供と一緒に待ちながら会話を楽しむという方法もありますので、考え方次第かと思います。

見事に、パンダを見ることができました。
パンダは日中に寝ていることが多く観客の方を見ることも少ないそうです。
その中でも何とか、顔を撮れました。

無料開放日を活用

無料開放日が記された看板

上野動物園は、年に3回の無料開放日があります。開園記念日(3月20日)、みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)です。ゴールデンウイークの中日であるみどりの日は行楽シーズンで混雑していると思いますが、私が今回訪れた3月だと見物客は多かったですが割と見たい動物を間近で見ることができました。
10月も過去にいったことがありますが、その時も割と動物は見ることができました。
通常だと入園料が必要な上野動物園も無料開放日に訪れることでお得に子供と思い出作りができます。

気になる方は、カレンダーに予定を書き込んで、動物園に行ってみてください。

博物館行こう!幼稚園前デビューならこんなにすいてる 

山梨へ温泉旅行

山梨へ温泉旅行

先日、筆者家族3人(夫、私、息子)で山梨へ日帰り旅行してきました。移動手段は自家用車で、走行距離は愛知と山梨への往復です。
片道200kmぐらいです。日帰り、泊まり含めよく出かける私たち。
息子中心に!!を心掛け、今回も楽しい旅行でした!

車移動で気をつけていること

なによりも移動で気にかけるのは息子のリズムです。
移動時間はできるだけストレスなく過ごしてもらえるよう、就寝中やお昼寝タイム、活発な時間、食事時を見極めて行動します。

息子のリズム

タイムスケジュールはこんなかんじ

7:00 今回の出発時間は息子起床と同時。息子が起きる前に自身の身支度をすませ、起きたと同時に車へ。朝食は車で取ります。
車のなかですることがあれば、息子も気が紛れます。

8:00 1時間程度走行したら休憩します。広いサービスエリアでは公園スペースもあったりするので、息子には走り回ってもらいます。
9:00 再出発。移動中は基本外の景色を眺めている息子。特にぐずることなければ、そのまま走行します。
10:00 到着。家族風呂ができる日帰り温泉旅館です。貸し切り時間は一時間です。
11:00 一休み。お風呂をでて、一休み。お昼ご飯を食べに行きます。
12:00 昼食と花見。旅館で教えて貰った子連れに優しい、郷土料理のお店で、ほうとうを食べました。そのまま近くの桜を見にいきました。
14:00 お昼寝タイム。帰宅に向けて走行します。起きない限り休憩なしです。
16:00 休憩。自宅近くのサービスエリア付近で目覚めたので、少し休憩。
17:00 帰宅。

入浴の注意

せっかくの温泉なので、ゆっくり安全に気持ちよく入りたいですよね。
まず大切なのはベビーの入浴可否や、温泉成分。
入浴可否はホームページや事前問い合わせでクリアします。
成分については注意書がないかぎり、一般的なものは気にせず入っちゃいます。
息子は風呂好きなので、入ったら遊びつくしますが、その分バシャバシャ騒いでしまうし、のぼせるのも心配。
なので、貸し切りと水分は必須!家族風呂を貸しきれるとこを抑え、こまめに取らせて、時々湯船から出す!走り回らないように捕まえておく!!が鉄則です。
そして、こどもの様子を見て、適度に切り上げることを心掛けています。

車嫌い対策

車移動

うちの息子は生後1ヶ月から車によく乗っています。夫婦双方の実家が隣県のため、必然的に長距離移動が増えているからです。
しかし、チャイルドシートが嫌いだった息子。
乗せる度ギャン泣きでした。乗せるのも一苦労、乗せてからもしばらく泣き続けていましたが、それを乗り越えたのは鏡作戦!!ベビーの顔が運転席からも見えるようにするミラーって、赤ちゃん用品店にありますよね?あの赤子の顔よりも大きいタイプのものを購入し、用途通り使用してたのですが、泣き止まない息子をあやす手段にしたところ効果テキメン!!
以来、息子が自分で顔を見れるようになっております。
1才過ぎてからは外を眺めることが増えたかな?

子供と温泉旅行のまとめ

息子が成長してからは、その土地のものを一緒に食べれるものも増えたし、同じものを見たり感じたりして、家族で楽しめるようになりました。
けれども、まだまだ赤ちゃんの息子に合わせて行動しないと楽しめません。
体を動かすことが好きな息子に、自由時間を作ること、車が嫌いにならないように、長時間は拘束しないことなど、注意しないとならないことはたくさんあります。
そのため、大人の楽しみは減ってしまいますが、家族で楽しい時間を過ごせること、そして息子がはじめて見るものに、目をキラキラさせてる姿がみれるなら、この程度の配慮、苦じゃありません。
今度はどこに行こうか、日々計画中です!

子連れお出かけスポットへ家族でいこ~よ!

1歳児と新幹線二人旅

遊びに行くときの荷物

先日、夫の実家へ一週間ほど遊びに行きました。
しかし、夫はそんなに長く休めないので途中から合流。
つまり、私が一人で1歳8ヶ月の娘を連れて、新幹線に乗ることになりました。

という訳で今回は、まだちゃんと話が通じない娘と二人で3時間弱新幹線に乗る為に、工夫してよかったこと、逆にもっと工夫しておけばよかったことを紹介したいと思います。

やって良かったこと

指定席の位置も大切

新幹線の予約をする際は、一番前を指定するようにしました。
一番前の座席は、前に座席がなく倒れてこない分広く使えます。
我が家の娘は体重10キロ弱ですが、座ったままとはいえ何時間も抱っこは私も大変ですし、娘も飽きてしまいます。
でも、一番前の席だと丁度足掛け辺りに子供が座れるので、子供も気分転換できるし、私も足のしびれが少し解消されました。

頼めるものは頼む

自宅から新幹線乗り場までは夫に付いて来てもらい、新幹線到着駅には姑に来てもらいました。
特に新幹線の場合はホームまで結構歩いたりするので、一人だと大変です。
送り迎えは頼めるものなら頼んだほうが吉です。
もし難しい場合はタクシーなどを利用するのもオススメです。

持ち込むおもちゃやグッズは厳選する

おもちゃは小さな絵本3冊とそれを入れる小さな手提げだけにしました。
やっぱり電車の中はどうしても狭いし、私達は途中まで隣に他の人が座っていたので尚更荷物を片付けたりするのが難しかったです。
絵本と手提げだけでも、絵本を出したりしまったり、そして普通に中身を見て楽しんだり……と、かなり幅広く遊んでくれて助かりました。

あと、役に立ったのがペットボトルに付けるジューシーキャップです。
これを付けておくと、ペットボトルを倒しても中身がこぼれないし、吸った分だけしか飲めないので、出先ではかなり重宝します。

やっておけば良かったよ~ってこと

ちゃんと下調べをしておけば……

当日は新幹線の駅まで夫が車で送ってくれたのですが、駅前の駐車場がどこもいっぱいでした。
ネットで予約した切符を、夫のカードで発券しなければいけなかったので、私達だけ駅前で降ろしてもらうわけにもいかず、駅から結構離れた駐車場に時間ギリギリで停めることになりました。
走らないと間に合わないし、子供を抱っこして慣れない街と駅を走るのは本当に大変でした。

思い切ってお金をかけておけば……

一番前の席でかなり広くて助かったのですが、それでも隣に他の人がいると子供が騒いでしまったりしないかとか、足がぶつかってしまわないかとか、かなり神経を使ってしまいました。
もし今度同じような機会があるなら、お金はかかるけど2席取るか、思い切ってグリーン車にしようと考えています。

帰りは楽チン

帰りは夫も居たので、かなり楽チンでした。
やっぱり人手はあったほうが良いですね。
でも、もう少し娘が成長したら、また2人で遠出するのも楽しいかなぁなんて思っています。

子供と楽しむカテゴリの最新記事