七五三参り!我が家流の攻略法はこれ 

七五三参り!我が家流の攻略法はこれ 

七五三

先日、七五三のお参りに行ってきました。その時の体験談です。

三歳児の娘は、幼稚園年少です。

七五三は、数え年だと去年の2歳の時に行くこともできたのですが、早生まれの娘、「幼稚園に入ってから七五三に行こう!」と家族で決めました。

そして、七五三のしきたりがわからなくて、どうやって行くかドキドキ……。

「着物はどうする?」そして、「どの神社にする?」迷いに迷って決定しました。

我が家流の攻略法、体験記として紹介します。

スポンサーリンク

七五三のお祝い方法

七五三 のお祝い

七五三は、7歳、5歳、3歳のタイミングでお祝いすることはみなさんご存知のはず。

ただ、何月にお祝いするのか、数え年なのか満年齢にするのか、女の子と男の子のタイミングの違いについて正確に答えられる人は少ないでしょう。

七五三は、

3歳 …… 女の子

5歳 …… 男の子

7歳 …… 女の子

をお祝いします。

昔は一部の公家、武家での慣習でした。

そして、全国ではなく関東の限られた地域で行われていました。

昔は今のように医療が発達していなかったため、乳幼児が死亡してしまうことが多く、3歳、5歳、7歳までは成長をお祝いしていました。

そして、昔の儀式だったため日本では元々数え年が使われていました。

数え年は生まれた時に1歳、年をとる考え方です。

はじめて迎えるお正月で2歳、お正月を迎えると年齢が上がります。

昔はお正月にみんな「1歳年を取る」のが普通だったんですね。

今は0歳で生まれ、誕生日ごとに1歳年齢を重ねるので、1歳分ずつ違います。

数え年、満年齢で迷ってしまいますが、どちらでもお祝いしてもいいとしています。

数え年でお祝いすると、女の子だと2歳の子が対象。

満年齢だと3歳の子が対象になります。

2歳というとイヤイヤ期まっただ中。

そしておむつはずれがまだな場合もあります。

そんな時にレンタル着物、親から譲りうけた着物で外出……。

それが辛いと感じるのなら、次の年にして満年齢で3歳のタイミングにしても構いません。

現代は比較的自由になってきています。

七五三のお祝いはいつのタイミングが正解?

七五三

七五三は、11月15日の行事。

子供の日が5月5日、ひなまつりが3月3日であるように、七五三は11月15日に行われます。

神社、氏神様にお参りしてお祈りします。

七五三が11月15日の理由は、徳川家の儀式が行われた日がこの日だったため

旧暦では15日は満月。

冬至のあった11月を合わせて11月15日は運命的な日だったのです。

ただ、現在では仕事があると11月15日を指定してもスケジュールを合わせることが難しいです。

旧暦でもないので、11月15日が満月のタイミングとは限りません。

そのため、大安などの日柄のいい時や親戚の集まりやすい土日のような週末に設定する人が多いです。

七五三は平日がおすすめ!

七五三 は平日に

七五三は家族や親戚が集まるので、一般的には休日の土日に行く人が多いです。

しかし、それだと神社も混雑するといいます。

混雑する寺社では待ち時間が長かったり、対応があまりよくなかったりするクチコミも見かけます。

そうなると2~3歳児には待てなくてグズることもありますね。

4~5歳児の男の子も、慣れない環境で慣れない衣装を着て機嫌が悪くなったりします。

7歳児では問題がない七五三も、小さい子供だと寺社で泣いたり騒いだり。

すると、パパやママの気分も急降下。

親戚も集まる場なので、リラックスして臨みたいです。

そして、問題なのは「着物レンタル」。

体験談になりますが我が家は着物がなく、七五三のために購入予定もなし。

おじいちゃんやおばあちゃんから借りることができるご家庭もあるみたいですが、着物がなかったので、「どこかからレンタル」が必要でした。

でも、どこでレンタルできるのだろうと思っていたんです。

最悪、ワンピースのような洋装で行こうかとも考えていました。

幸い、写真館で七五三の前撮りをしたところ、追加料金を払えば神社に行く時にもレンタルができるということを聞きました。

そして、写真撮影時とは違う着物を借りることができたので違う着物をレンタル。

写真館の人とどれがいいか相談に乗ってもらいつつ決めて、合計、2着の着物を着ることができて娘も満足していました。

金額としては、写真の前撮りには着物レンタル料金のパック。

そして追加料金も着物のレンタル単体よりかは各段に安かったです。

着付けも込みで、写真の前撮り時、お参り日当日も着付けまでおまかせできました。

11月に七五三が行われることが多いですが、写真館でも11月は混みあうので、前月、前々月に写真撮影をすることで割引料金が適用されたりします。

我が家も、写真は10月の週末にあらかじめ撮影しておいて、11月の初旬、平日に七五三参りをすることにしました。

着物レンタルも人気の柄は、土日だと他の人の予約が入っていることもあるので、先手必勝なのだそうです。

夏の8月は暑いので、9月以降のタイミングで日柄のいい日を考えてみてください。

七五三のお祝いを3歳にした理由

三歳の七五三

七五三の「3歳」のタイミングを満年齢にするか数え年にするかは悩むところです。

2歳児:幼稚園に通っていないので平日に行きやすい

3歳児:2歳児の時よりも年齢が上の分、落ち着いて行ける。おむつ外しも完了している

2歳児のタイミングで行くか夫婦で話し合ったものの、2歳ではなく3歳にした理由は、2歳の時はレンタル衣装を汚すのではないかと不安だったためです。

・おむつ外しが遅かったこと

・お参りしたい神社が遠かったこと

この2つが重なりました。

洋服で長距離ドライブを経験していたものの、着物でははじめて。

そして借り物の着物だったので、しっかりおむつ外しができた3歳のタイミングでよかったと思っています。

着物でおめかし!変身しました!

七五三 のおめかし

七五三の衣装は、「被布」「三ツ身」「洋装」とあります。

被布(ひふ):着物の上に丈の短い着物を着ます。今でいうベスト、ジレ。下の着物の襟を出して羽織ります。

三ツ身:着物の裁ち方の一種。小さい子は一つ身になり、二つ身、四つ身もあります。

洋装:洋服の七五三だとドレスを着たり、ブレザーにスカートを合わせたり、ワンピースもあります。ドレスは写真館だとロング、外出だとショートがおすすめです。

外出レンタルができるのは「被布」と「三ツ身」。

和装に詳しくなかったのですが、三歳児は「被布」の方が型崩れしなくていいと聞き、おすすめの被布にすることに。

袈裟のようなかぶりものをつけた和装です。

そして、レンタルのよかった点は、ヘアメイクもばっちり頼めたこと。

レンタル料金にヘアメイク料金も一式入っています。

髪飾りをつけてもらえ、ヘアセットもハーフアップに。

ぞうりも2種類からかわいい方を選ぶことができて、きんちゃく袋のような小物も貸してもらえました。

メイクでは大好きなピンク色のアイシャドウを塗ってもらえて、興奮している娘。

かんざしをつけて、変身です。

平日だからゆったり行けたお参り

平日の七五三

子供は幼稚園に通っています。

病気休みではなくて幼稚園を休ませ、七五三参りに行くことには賛否両論あるかもしれませんが、ゆったり行けたのでよかったです。

保育園なら2歳でも3歳でも平日に行くなら休まなくてはいけませんものね。

同じく七五三のための家族がいましたが、混んでいなかったので待ち時間もそこまでありません。

我が家は下の子が待合室で泣いてしまい、パパと息子は外に出ていてもらうことになりました。

それでも、他の家族がぎっしりいる中だと退室もしにくかったりして大変ですよね。

「平日」「着物レンタル」で乗りきった七五三。

写真として残してあげることができるので、やってよかったと思っています。

子供と楽しむカテゴリの最新記事