公園散策!子供と一緒に気分転換!リフレッシュにも!

公園散策!子供と一緒に気分転換!リフレッシュにも!

公園 散策

子供は家の中にいると、どうしても暴れるもの。

かかとから体重をかけて踏みしめるドタドタ足音がママとしても気になってしまいます。

特に、男の子を育てていると、家の中で洗濯をして目を離したスキにジュースをこぼし、おもちゃを散らかし、本を破るというありさまに……。

そして、ママ怒る、までが一連の流れです。

我が家では「ならば」と毎日、がんばって公園や散歩、買い物などで外に連れ出すようにしました。

どうせなら、義務じゃなく楽しく外に出かけたいですよね。

そんな時はどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

「歩育」がいいって本当?子供と公園はぴったり

子供と公園

子供を歩かせると「脳」にいいとある雑誌で読んだことがあります。

季節の花を楽しむことができて、ママと一緒に外にでかけて、その時に咲いている花、例えば、さくら、たんぽぽ、つくしといった名前を覚えるのにも役立ちます。

また、足の裏が鍛えられるので、「歩くことが運動神経をつくる第一歩」と考える研究者も多いのです。

最近の子どもは、親が歩かずに車を使いがちなので、土踏まずが形成されるまま大人になる子供も多くなってきています。

そうなると、偏平足や外反母趾など大人になった時の足のトラブルになるとも言われている事実があり、保育園や幼稚園では、裸足で過ごさせて、ぞうりをはかせるところもあるんですよ。

歩くことは健康だけじゃなく身体作りにも!

このように考えると、「歩くこと」は運動神経をつくる大切な要素で、身体づくりにも必要なことだとわかります。

我が家の場合は、家の中にいると男の子のエネルギーがありあまって大変だから、半ば義務感で外に行っているのですが、「脳にもいい」なんて聞くと、これからは積極的に外に連れ出したくなりますよね。

確かに外に行くと、子供も、葉っぱやどんぐりを拾ったりして、自然と楽しんでいる様子です。

ママも、「お花が咲いてた!」なんて明るい気分になったりして。

寒い時や暑すぎる時は気になりますが、外遊びしたくなる季節は、お散歩をすると気分転換にもなりますよ。

イクメンが知っておくべき赤ちゃんの育児・お世話方法

子供と公園で歩くときのルール

子供と公園 で歩く

気をつけなくてはいけないのが、子供と公園に行く時の心がまえ。

我が家の子どもたちは、エネルギーが切れるまで全力で遊びます。

そして、エネルギーが切れると家まで帰りたくないと言い、泣き叫びます。

子供を育てているとよく見る光景ですが、実際にやられるとママのエネルギーも吸い取られてしまいます。

泣き叫ぶと周囲に迷惑をかけてしまうのも明白です。

そのため、気を付けるべきなのは

「最初のお散歩はちょっとずつから」
「エネルギーがあるうちに帰る」
「休憩をしっかり取る」
「できるならベビーカーを持参する」

の要素を守ることが必須。

特に、家から近い山道を歩くときには、ストローマグにジュースを入れて、疲れたと思った時に、ベンチなどに座ってこまめに休憩をはさんでいます。

熱中症もあるので、ママ用の水分も忘れずに。

徒歩で行ける公園でも、小さめのトートバッグに水筒やストローマグを入れて持っていくようにしています。

子供の浴衣!我が家は着付け「なし」の1枚を選ぶ!

色んな公園に子供と出かけてみて!発見がある!

色んな公園

アミューズメントパークには行けなくても、公園は無料。

行きやすいですよね。

そして、家の近所にある徒歩で行ける公園のほか、中型公園・大型公園にもぜひ行ってみることをおすすめします。

その理由としては、遊具だって公園によって違うから。

すべり台がはっきりとわかりやすいでしょうか。

カーボンでできているすべりのいいもの、ローラーすべり台、とにかく長いもの、直滑降にすべりおりるもの……。

そして、珍しい遊具との出会いもあります。

子供たちは、ある公園で出会った「ウゴウゴ」と呼ばれる珍しい遊具が大好き。

毛虫にツノが生えたようなシリコン素材の遊具で、スプリング遊具になるのでしょうか。

上に乗って、ゆらゆら揺らすと面白いようで笑ってくれます。

驚いたのは、公園にミニ動物園みたいなスペースがあり、うさぎを飼っていたり、ヤギを飼っていたりする場合があります。

葉っぱをあげたりして「ふれあい」ができることだってあるんですよ。

これも、公園めぐりをしていて気付いたことです。

動物園に行かなくても、動物と無料でふれあえるのはいいですよね。

他、ゴーカートが50円の驚きの公園も。格安で乗りものまで楽しめるなら、遊園地に行かなくても公園でいいかもしれないとさえ感じます。

幼児教室における知育教育の基礎知識

公園マップを作ってみて!子どもと楽しめる趣味

公園 マップを作ってみて

家の中にいると鬱々としてしまう時、思い切って、ジュースとお財布だけ持って公園へ!

遊具がたくさんある公園、人があまりいない公園、森のような公園など……。

どんな公園がいいかな?

ママも色んな公園に行くと、プチ遊園地気分を味わえて楽しいものですよ。

既にできてる幼稚園のママ友の輪…引越し後上手く入るコツ!

子供と楽しむカテゴリの最新記事