クリスマスイルミネーションを子供と楽しもう!ジャンパー?帽子?必要なものは?

クリスマスイルミネーションを子供と楽しもう!ジャンパー?帽子?必要なものは?

クリスマスイルミネーション

子供とクリスマス時期に楽しめるのがイルミネーション。

場所によっては11月初旬から開催されています。

そして12月終わっても楽しめるところもあります。

ただ、赤ちゃん連れだと夜の外出、寒い日の外出は注意が必要です。

気を付けることとはどういったことがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

クリスマスイルミネーションはいつから?

クリスマスイルミネーション はいつから

クリスマスに気分が高まるのはイルミネーションではないでしょうか。

街並みがキラキラと輝きます。

早いところだと11月初旬から翌年の2、3月まで楽しめます。

たくさんの電飾をつけたイルミネーションは、有料スポットもありますが、無料スポットもあり、子供と一緒に楽しめたりします。

私は愛知県に住んでいるので、愛知県のイルミネーションを参考にして「どこなら行けそうかな?」と探しました。

まずはインターネットでイルミネーション情報を探すところからはじめました。

代表的な愛知県のクリスマスイルミネーション

ツインアーチのメリークリスマス

国営木曽三川公園の138タワーパークのクリスマス。

12個の誕生石のオブジェを巡ることができます。

2017年11月11日~12月25日、2018年1月1日~3日、6日~28日の土日祝日。

時間は17時~21時に開催。

セントレアスカイイルミネーション

カテドラルの鐘として、スカイデッキで行われます。

17時30分~22時30分。2017年10月27日から2018年3月31日までと長期間。

ASUNAL KANAYAMA loves Barbie

去年はレゴとコラボしたアスナル金山。今年はBarbieとコラボしたイルミネーションです。

ピンク色が中心なので女の子に人気が出そうです。

2017年11月17日から2018年2月28日まで、17時~23時の開催です。

子供と一緒にクリスマスイルミネーション!守るべきポイントとは?

子供と一緒にクリスマスイルミネーション

去年、イルミネーションデビューをした我が家。

冬の時期の外は子供連れだと気をつけなくてはいけません。

去年は1人が2歳児。途中で歩けなくなることもあり、グズりやすいためベビーカー必須。

そして一番の問題は冬の夜の寒さでした。

今年ももちろんそうです。

そのため、いくつかのマイルールを決めました。

イルミネーションを楽しむのは「点灯」する夕方のタイミング
防寒対策をしっかりすること
子供がグズったら帰宅するか室内に移動すること(無理に連れ歩かない)

イルミネーションは夜の時間のイメージですが、早い施設では夕方の17時ごろから点灯します。

20時、21時の夜は寒いですが、17時、18時の夕方ならまだそこまで寒くはないかもしれないと考えました。

去年、イルミネーションデビューをした時も、土曜日でパパもお休みのタイミングを狙って、夕ご飯を食べる時に“ついでに”イルミネーションに行くのが一番効率的でした。

土曜日なら夕方に出歩いても翌日は日曜日。子供の幼稚園もありません。

翌日の幼稚園のことを考えると、17時にはおうちにいて、夕食やお風呂の準備をする我が家ですが、翌日の園がない日は少し夜遅くなっても大丈夫かと思いました。

金曜日も翌日が土曜日でみんながお休みならイルミネーションを見るいい機会です。

子供とクリスマスイルミネーションを楽しむために 防寒対策はばっちりと

クリスマスイルミネーション を楽しむ

去年、イルミネーションを見て感じたのは、子供は気温差にまだまだ弱いもの。

寒い外にいると「寒い……」と言い出します。この点、大人とは違います。

赤ちゃんだと寒いとアピールできないので何も言えず風邪をひいてしまうこともありそうです。

実際、去年はベビーカーに毛布をかけ、ジャンパーを着せて帽子もかぶり、マフラーもしていきました。

今年も帽子をかぶらせて、子供用のあったか下着も発売されているので着こんで、カイロも持参。

防寒対策はばっちりして風邪をひかないようにしていきます。

着こんで行っても、もし寒いのなら脱げばいいわけですから、重装備で行くのがいいでしょう。

また、子供と一緒のイルミネーションは、できるだけ外の会場ではなくて駅やショッピングセンターなど「寒かったら温かい室内に入れる場所」を選ぶのがちょっとしたコツ。

もし寒いのなら、喫茶店や温かい店内、フードコートに入ることができるというのも子供連れには大切な点です。

ショッピングセンターだと授乳場所があったりするので、赤ちゃん連れのママも助かります。

スポンサーリンク

クリスマスイルミネーションの点灯式に参加!これなら子供と一緒に行ける!

クリスマスイルミネーション の点灯式

イルミネーションには点灯式があります。そして、メリットも多数。

点灯する「瞬間」を見ることができる。
無料イベントがある。合唱などミニコンサートがある、有名人が来場、テレビ取材が入るなど。
点灯式は室内で行われることが多い。
限定アイテムを販売していたりも。

点灯式はシーズンの「1度きり」。このタイミングに立ち会えるのはなかなかありません。

ちょうど土曜日、行きたいと思っていたクリスマスイルミネーションの点灯式に参加することができました。

そして、参加してみて子供と一緒にイベントに参加できてよかったと感じました。

点灯式は何をする?子供も楽しめる?

点灯式

私たちが参加したクリスマスイルミネーション点灯式は、16時30分から地元の子供たちを集めてのミニコンサートがありました。

クリスマスの歌をピアノ伴奏で歌ってくれます。

その後、17時からも別の団体のクリスマスコンサート。

そして17時30分にイルミネーション点灯。

点灯前にはみんなでカウントダウンをします。

普通は17時からのイルミネーションですが、初日は17時30分から点灯するタイムスケジュールでした。

どのくらいまで参加できるかはわからなかったものの、まずは行ってみようと参加してみました。

ミニコンサート、コンサートは屋根のある吹き抜けのホールで行われていました。

駅近くなので外からの風は少し吹いてはきますが、外よりも寒くなく親子でクリスマスの歌を楽しみます。

子供たちも赤いベレー帽をかぶってお揃いの洋服です。

そして、大人はサンタさんの格好をしていたりトナカイの帽子をかぶっていたりと既にクリスマス気分!

大きな街のクリスマスイルミネーション点灯式だと、市長などの偉い人や、有名人が来るともいいます。

ただイルミネーションを見るだけより、点灯することをお祝いするために集まる点灯式に参加することも意義あり!

ひと足早く、クリスマス気分を味わうことができました。

点灯する瞬間!!子供とクリスマスイルミネーションを楽しんで

子供とクリスマスイルミネーション

点灯式の途中で少し飽きた様子だった子供たち。

トイレ休憩も兼ねて、点灯式の途中ですがイルミネーションの電飾へ移動しました。

寒さはもちろん、子供が飽きた様子なら途中退席ができるのも無料イベントならでは。

子供がいるから臨機応変に対応するのが重要です。

ちょうど駅前だったので小規模デパートがあり、そこでお菓子や洋服をお買い物。

そして、電飾の前で待っていると……

カウントダウンの声が遠くから聞こえてきて、立っていたところの電飾がつきました。

ちょうど、イルミネーションがつく「瞬間」に立ち会えたわけです。

なんだか奇跡的な瞬間でした。

そして、興奮した子供は、イルミネーションのトンネルをいったりきたりして往復しています。

子供とクリスマスイルミネーション

イルミネーションのトンネル付近には他の人はまばらだったので、アーチ型の電飾のトンネルをくぐったのは我が子が今年は「はじめて」!なんだか記念になりました。

子供とクリスマスイルミネーションを楽しんで温かい雰囲気に

子供とクリスマスイルミネーション

イルミネーション点灯式に参加してみて思ったのは、みんながクリスマスをお祝いしている雰囲気なこと。

点灯式のタイムスケジュールを配布している人には、「クリスマスのうたをうたうから楽しんでいってね」と子供に話しかけてもらえました。

また、イルミネーションを点灯した瞬間は、周囲から「わぁー」と声があがり、幸せな雰囲気に包まれました。

子供と楽しむカテゴリの最新記事