パン作り!子供と一緒に自家製パン♪焼きたても食べられておいしい!

パン作り!子供と一緒に自家製パン♪焼きたても食べられておいしい!

パン作り

パン作りを再開しました!結婚後、ハマっていた自家製パンです。

子供がいると無理かな?と出産してから諦めていた趣味。

パンは、材料をこねた後、発酵や成形など、手間と時間がかかるからです。

簡単にできるコツもあったので、子育てに忙しい後輩ママに紹介します!

スポンサーリンク

子供とのパン作りはここがコツ!ホームベーカリー&パンミックス

パン作り のコツ

結婚したあとに購入したホームベーカリー。

中には石釜焼きができたりと値段が高い商品もありますが、私の場合は電化製品店の初売りで特売として安く買ったのでした。

購入した直後にハマって、バターロールに食パン、惣菜パン、シュトーレンなど、本当にたくさんの種類のパンを作っていたこともあったほど。

ですが、出産を経て、子育て最優先になり、自分の自由時間がなくなり、使わなくなっていって……。

そして、ホームベーカリーは一度しまってしまうと使わなくなります。

その存在すら忘れてしまいます。

しかし、一念発起。

しまいこんだホームベーカリーを取り出して、子供と一緒に作ってみることにしました。

でも、小麦粉、砂糖に塩、イーストと揃えるのが面倒だったので、利用したのは「パンミックス」

これは小さな子供がいて、パンを作りたいけれど手間も時間もかけられないというママには超オススメです。

便利なパンミックスを使う

インターネットのパン材料店で買ったパンミックス、イースト菌もセットで販売していました。

パンミックスは小麦粉をベースにして、塩や砂糖など必要な分量が既に混ざっています。

ついてきたイースト菌を入れて、水や牛乳を加えれば生地が簡単にできるので便利!

しかも、インターネットで買えたので、わざわざ買いにでかける手間もありませんでした。

ホームベーカリーだと、「パン生地」コースがあるので、こねる作業、1次発酵までホームベーカリーがやってくれます。

子供はぐるぐる回る生地が見たいのか、蓋を開けて確認作業したものの、手を入れたりはせず。

ママが見張っている必要はありますが、生地こねを一緒に見守ることができました。

中でぐるぐるとこねる動きが、子供にとっては面白いのでしょう。

子育てにYouTube!?映画館に行かなくても家族だんらん!

子供にパン作りをこだわりたい理由は……

パン作り のこだわり

最近、インターネットで見た記事で、パンに使用されている乳化剤・イーストフードについての問題がありました。

市販のパンには、乳化剤やイーストフードが入っていることが多いです。

イーストフードはいわゆる化学薬品でイースト菌とは違います。

イーストがエサにするので小麦粉が少なくても膨らみ、安いパンには入っているものだという情報が掲載されていました。

我が家では、そんなに気にせず小さい頃から色々なパンを食べさせていましたが、意識高い系のママは手作りパンをあげたり、市販商品でも乳化剤・イーストフード不使用と書かれたパンをあげているようです。

もちろん、認可されている成分なので、子供に食べさせてもなんの問題もありません。

ただ、手作りパンだと何が入っているのか、原材料が分かります。

その上、子供と一緒に楽しくパン作りができるなら楽しいもの。

そう考えて週末にホームベーカリーを取りだしました。

レトルト食品を罪悪感なしで子育てに活用しよう!我が家のレトルト事情

子供と一緒にアレンジしてパン作り!

アレンジしたパン作り

パンミックスで生地をこねて、その後に生地をカット。

丸めて、今回はウインナーを乗せて、マヨネーズ、ケチャップをかけてウインナーパンにしました。

下に敷いてあるカップは100円ショップで買ったものです。

上にかけたパセリの粉だって100円ショップで購入したものです。

パン作りというと食パン型や専用の器具が必要で、高くなってしまうと思いますが、100円ショップで食パン型の代用として、色々買ったりすることもできるんですよ。

しかも、100円ショップだと1回分使いきりの少量サイズも多く、材料が余ってしまうことも少ないです。

ドライフルーツやチョコチップ、くるみやナッツなどもあり、よく覗いています。

節約術!育児しながら財布の紐はこうしてしめる!

パン作りは楽しい!子供喜ぶ!

楽しいパン作り

できあがったパンはこちら!

あつあつなので、やけどしないように注意しつつ食べます。

パン屋さんの焼きたてよりも熱いパン。

子供はちょっとびっくりしていました。

この「焼きたて」を食べることができるのも手作りパンの醍醐味。

あったかくてふかふかの焼きたてパンですから、いつもより食べ過ぎちゃってもいいやと思って食べさせています。

そんな自分も食べ過ぎちゃうのですが……。

レトルト食品を罪悪感なしで子育てに活用しよう!我が家のレトルト事情

子供も喜ぶパン!一緒に焼くパン作りを楽しんで

楽しいパン作り

ホームベーカリーを久しぶりに取り出して焼いてみて、作業中に子供がホームベーカリーに手を突っ込まないかとか心配はありました。

でも、思ったよりもスムーズにできてほっとしています。

こねたりする作業がない分、子供と一緒にホームベーカリーを覗いたりして、それなりに楽しむことができました。

毎日焼くのは大変ですが、イベントのように子供と一緒にパン焼きを楽しんでみるのもいいかなと思っています。

ネットショッピングを活用して子育て中はお取り寄せにはまる!

子供と楽しむカテゴリの最新記事