ハロウィンがやってくる!子供と一緒にハロウィンデコをしよう!

ハロウィンがやってくる!子供と一緒にハロウィンデコをしよう!

ハロウィン

9月も終わりに近づき朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。

秋が近づくと、街中で見られるようになる、ハロウィングッズ!

ここ数年で、「ハロウィン」が、イベントとしてかなり広まってきたと思いませんか?

スポンサーリンク

ハロウィンイベント

大きなテーマパークで行われるハロウィンイベントは有名で、遊びに行きたくなっちゃいます。

ハロウィン限定のグッズは色合いもかわいくてひかれます。

最近では、テーマパークでなくとも、幼稚園や習い事のお教室で、ハロウィンのイベントが催されることも。

我が家には、4歳と2歳の子供がおります。

もちろん二人ともハロウィンのことを知っています。

先日も、子供達がお買い物の時に、ハロウィンパッケージのお菓子をかごの中に入れてきました。

小さくても、やはり、可愛いものにはひかれるようです。

しかも、いつもとは違う限定の味だったようで、子供って目ざといですね。笑

ハロウィン限定商品

ハロウィン のお菓子

わが子が見つけてきたように、スーパーやドラッグストアでは、いつものお菓子がハロウィンパッケージになっていたり、味もカボチャやぶどうなどの、秋限定だったり。

雑貨屋さんや100均には、お菓子だけではなく、お家のデコレーショングッズ、ラッピンググッズまで、幅広いハロウィンのグッズがかなりたくさん並んでいます。

お店を見ているだけでもかなり楽しめます。

と、季節の行事としてかなり認知されてきた「ハロウィン」。

イベントとして楽しんではいるけど、ハロウィンっていったい何なのか、ご存知ですか?

お恥かしい話、私も詳しくは知らなかったので、調べてみました!

簡単にハロウィンのことをご紹介しますね。

ハロウィンって!?

ハロウィン のガーランド

ハロウィンとは、10月31日に行われる、秋の収穫をお祝いするお祭りのことです。

過去には、悪霊などを追い出すための行事として行われてきましたが、現在は、本来の意味合いは薄れ、民間行事として行われることが多いようです。

この辺は日本も同じですね。

どんなことをするの?

ハロウィンの日には、ジャックオランタンを飾り、仮装した子供たちが近所を周って、お菓子をもらいます。

この時、子供たちは、

「トリックオアトリート」

「お菓子くれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」

と言うのがお決まり。

子供たちにこう言われたら、大人は、

「ハッピーハロウィン」

と言ってお菓子を渡すのです。

ジャックオランタンって何?

ハロウィン のジャックオランタン

街中で見かけるハロウィングッズの代表が、「ジャックオランタン」ではないでしょうか。

かぼちゃで作った提灯のことで、かぼちゃの中身をくりぬき、目、口、鼻を開けたものの中に、明かりをともします。

ジャックオランタンを飾ることで、悪霊たちを遠ざける効果があるといわれています。

なぜみんな仮装するの?

ハロウィン の仮装

ニュースでも話題に上がる、ハロウィンの仮装。

大人も、子供も、色んなものに仮装していますよね。

本来は、怪物や怖いものに仮装することで、悪霊を怖がらせて追い払うという意味があるんです。

怪物や怖いもの、魔女、お化け、ドラキュラ、黒猫、フランケンシュタイン、などに変装します。

最近の日本のハロウィンの仮装は、アニメのキャラクターや映画のヒーロー、そして、プリンセスまで幅広いですよね。

みんなで仮装自体を楽しんでいるという感じ。

小さな子供が、アニメのキャラクターに仮装したり、プリンセスになりきったりしている姿は、とてもかわいくて、キュンキュンしちゃいます。

さて、ハロウィンのことを知ったところで、今度はお家の中をハロウィン仕様にデコレーションしてみませんか?

子供と一緒にハロウィンのデコレーションをしよう!

ハロウィン のデコレーション

ハロウィンのデコレーション。

雑貨屋さんや100円ショップに行くと、色んなデコレーショングッズが売っていますよね。

「Happy Halloween」と書かれたパネルや、ガーランド。

ジャックオランタンの置物、かご。

ハロウィン仕様のスパンコールに、マスキングテープ。

などなど、何を飾ろうかな、何を買おうかな、と目移りしてしまいます。

でも、ここはちょっと買うのではなく、子供と一緒にオリジナルの飾りを作ってみませんか?

我が家でも、子供たちの一緒に、ハロウィン仕様のガーランドを作って、壁に飾りました。

壁に飾ると、子供たちは、テンションUP!

自分たちで作った飾りなので、なおさら嬉しかったようです。

ハロウィンのガーランドを作ろう

ハロウィン のガーランド

今回は、お家にある材料で、2歳と4歳の子供でも作れる、簡単ガーランドの作り方をご紹介します。

材料

①折り紙:オレンジや黒

②クレヨンやペン

③紐:毛糸や麻紐

作り方

ハロウィン 飾り
①飾りの形を作ろう!

折り紙を使って、ハロウィンっぽい形を切り抜きます。

我が家で用意したのは、ジャックオランタン、黒猫、こうもり、お化け、です。

ちなみに、こうもりとお化けは、子供たちが作ろうと言い出したもの。

子供たちの意見を聞きながら、どんな形を作るか決めるとより楽しいですよ。

折り紙を切る前に、大人が下書きをしてあげるとやりやすいです。

我が家では、下書きしたものを切り抜くのが、4歳の子の担当でした。

はさみの練習にもなりますね。

くれぐれも、怪我の無いように気を付けて!

ハロウィン の飾り

折り紙をくるくるっと丸めて、キャンディーの形を作るのもかわいいです。

こちらは、はさみが使えなくても作れるので、2歳の子担当です。

②折り紙をデコレーションしよう!

ハロウィン の飾り作り

さて、かぼちゃなどの形に切り出した折り紙に、クレヨンでデコレーションしていきます。

各々思い思いに。

かぼちゃに目と口を描いてジャックオランタンにしたり、黒猫に耳の毛や目、口を描いたり。

子供たちの個性が光って、見ていてとても楽しいです。

③完成した飾りを紐にくっつけよう!

さて、完成した飾りを紐に貼っていく作業です。

貼る前に、飾る場所の長さに合わせて、紐の長さを調節しておくことをお忘れなく。

切った折り紙の後ろに、紐をセロハンテープを使って固定していきます。

「次はどれを貼る~」

と、兄弟で協力して作業できるポイントです。

子供たちのセンスで、飾りをくっつけたら、ガーランドの完成です。

④飾りつけをしょう!

ハロウィン の手作りガーランド

さっそく、完成したガーランドを飾りつけしましょう。

我が家は、壁につけました。

壁紙につける場合は、傷つけないように、マスキングテープなどを使用するのがおすすめです。

もし、③の時に残った折り紙の飾りがあったら、一緒に飾ってあげるとかわいいです。

さて、飾りつけも完了!

お家の中がちょっとハロウィンモードになりました~!

個性が出る色使い

ハロウィン のデコレーション

かなり日本に広まってきたハロウィン。

テーマパークに行って、楽しみたいけど、小さい子供連れだと、ちょっと大変。

そんなときは、子供と一緒にお家の中を飾りつけして、ハロウィンを楽しんでみてください。

折り紙をデコレーションするときには、4歳の子は、何色で書くと目立つかも考えて選んでいました。

些細なことですが、こういうところでも、わが子の成長の一端を感じられました。

子供と一緒に工作、ペンやクレヨンを使うと汚れるんじゃない?

と心配になるところですが、ここはちょっと、気持ちを大きくおおらかに持って、見守ってみてください。

下の子の作ったものをほめる上の子、完成品に大喜びする二人の姿。

微笑ましい光景や、普段は見えない、子供の成長が感じられるかもしれないですね。

子供と楽しむカテゴリの最新記事