ハーフバースデー用離乳食と飾り付け、生後6ヶ月のプレゼントに頂いたもの

ハーフバースデー用離乳食と飾り付け、生後6ヶ月のプレゼントに頂いたもの

ハーフバースデー用離乳食と飾り付け、生後6ヶ月のプレゼントに頂いたもの

ハーフバースデー。

最近ではけっこう知られてきていますが、我が家の子供たちのハーフバースデーをした頃は、まだ世間ではそんなに認知度がありませんでした。

特別「ハーフバースデー」という意識がないまま、純粋に生後6ヶ月を祝いたいとの気持ちから、すべて手作りで行いました。

子供の誕生からちょうど6か月の日にお祝いをしました。

スポンサーリンク

我が家のハーフバースデー

ハーフバースデーの飾りつけ

我が家のハーフバースデーは、1歳のお誕生日とほぼ同じ感じのパーティでした。

3姉妹の我が家では、ハーフバースデーの主役の子供だけではなく、集まってくれた両親と祖父母から全員に洋服のプレゼントがあります。

パーティ恒例となっている、プレゼントされた洋服の、子供着替えファッションショーから始まります。

お姉ちゃんたちも、新しくかわいいお洋服のプレゼントに、テンション上がりまくっていました。

誰だってパーティーは新しい服で着飾りたいですよね。子供だって同じです。

外国のハーフバースデーの意味

アメリカやイギリスなど、もともとハーフバースデーの風習があった国でのお祝いの内容は、実はちょっと日本とは違ってました。

アメリカなどでは誕生日には友達を呼んで盛大にお祝いします。

また、夏休みなどのバケーションは3ヶ月以上あり、とても長い間学校がお休みになります。

そこで、お誕生日が長期の夏休み冬休みにあたり、お友達を呼んで盛大にパーティが出来ない子のために、途中の時期にバースデーパーティーの代わりに、ハーフバースデーをするのです。

そんな実情はつゆ知らず・・・初お誕生日が待ちきれない私は、勝手に誕生6か月おめでとう会を決行したのです。

日本でのハーフバースデーが知られる前だったので、流行の最先端をいっていたのかもしれません。笑

日本のハーフバースデー

日本でのハーフバースデーは、生後6ヶ月をお祝いするもので、生まれてからそれまでめまぐるしく成長し、人の顔を見分けることができるようになるため人見知りが始まったり、寝返りをしたり、よく笑うようになったり……。

離乳食もこれから本格的にはじまるという節目の頃がちょうど生後6ヶ月頃なのです。

1歳の誕生日の半分の時期ということもあり、「ハーフバースデー」というお祝いが、若いママたちの間で流行りだして広まりました。

なのでおじいちゃん、おばあちゃん世代では知らない人も多いことでしょう。

ハーフバースデーのご馳走

ハーフバースデー のご馳走

一歳のお誕生日とハーフバースデーの大きな違いは、赤ちゃんの食べ物です。

離乳食が始まったばかりの赤ちゃんが食べられるモノって結構限られています。

私はいつもより少しだけ固めのおかゆと、ほうれん草を茹でて和えた緑色のおかゆと、人参をすって炊いたオレンジ色のおかゆを使って、ミルフィーユおかゆケーキをを作りました。

型はクッキー型やケーキ型を使いますが、お米が型に付きやすいので、水に濡らすなど、崩れないように工夫が必要でした。

おかゆがあまりやわらかいときれいに重ならずに崩れたり、おかゆの色が混じってしまうので、重ねられる固さ、且つ、生後6ヶ月の我が子が食べられる固さにしなければいけませんでした。

子供が自分で食べられるものも!

ハーフバースデー用離乳食

ミルフィーユおかゆケーキの他に、子供が自分で持って食べられるように、ホットケーキミックスを使って蒸しパンも作りました。

蒸しパンの中をくり抜き、生後6ヶ月でも食べられるフルーツをカットして入れました。蒸しパンを手掴みで持ち上げて、ボロボロこぼしながら、顔中に蒸しパンをつけてかぶりつく姿がおじいちゃんおばあちゃんのツボにハマり、皆手を叩いて大喜びでした。

我も我もとその食べっぷりをカメラに収めようと、デジカメやスマホのシャッターの嵐でした。

家じゅう家族総出で飾り付けをして、時間をかけてお料理をしたのに、一番の盛り上がりは娘のワイルドな食べっぷりだなんて……主役なのですから喜ぶべきところですね。

ハーフバースデープレゼント

ハーフバースデープレゼント

我が家では誕生から半年後に、子供の通帳を作るようにしています。

ちょっと実用的すぎるプレゼントですが、出産のお祝いにたくさんの方々からお祝いをいただき、お返しをし、残りの現金を家計費と一緒にはしたくなかったため、お金の管理をするのに必要と思いました。

子供の誕生を心から喜んでくれて、あれを買ってあげてね、これを食べさせてあげてねというお気持ちを、きちんと形に残したいと思いました。

一歳のお誕生日には、この通帳からのお金で写真館でかわいい写真をとって、出産を喜び成長を楽しみにしてくれている方々へ感謝の言葉と共に送りたいです。

これが我が家のハーフバースデーです。

著者情報:綾乃

3姉妹のママです。女の子も3人いるとにぎやかです。

スポンサーリンク

我が家のハーフバースデーエピソード

ママアイコン02

お祝いらしくケーキでハーフバスデー

まだ離乳食も始まったばかりの頃だったのですが、やはりお祝いっぽくしたかったため、ケーキを作ることにしました。

クレープをたくさん焼いて、間に生クリームとフルーツをたくさん挟んだミルクレープを作りました。スポンジケーキほど時間もかけずに作れるので、まだ育児に余裕がない時にはぴったりです。

1番上にはチョコペンでメッセージを書いて「6」のキャンドルを灯してお祝いをし、みんなでそのケーキの前で記念撮影をしました。まだ本人はケーキは食べられませんので、上の子ども達がミルクレープは喜んで食べてくれました。

ハーフバースデーを祝う必要って特別にはありませんが、写真として残してあげられると「きちんとお祝いしてくれたんだ」と子どもも喜んでくれるかと思います。料理自体はいつも通りでしたが、子ども達も「そんなお祝いあるんだね」と盛り上がっていました。

著者情報:メリー

ママアイコン02

我が子のハーフバースデー

我が子のハーフバースデーの時は家族と両家集まって鯛やお粥、お吸物などを用意してお食いはじめの儀式をしました。

もちろん子供はまだ食べられないので10倍粥を少し口に入たくらいでしたが中々集まる事が出来ない両家での集まりと皆んなで食べるご飯は美味しかったですよ。孫の成長を感じてもらったり、皆んなで集合写真を撮ったりと話は弾むし両家との親睦も深める事が出来たのでやって良かったなと思いました。

この時期の赤ちゃんは1日で凄く成長をするので、写真やビデオに残しておいて良かったなと今になって凄く思います。7歳になった我が子ですが、当時の映像や写真を観るととても喜んでいましたよ。皆さん一度しかないハーフバースデーを大切に過ごしてくださいね。

著者情報:メリー

ママアイコン02

いないいないばぁは定番中の定番!

息子のハーフバースデーのプレゼントには、テレビ番組いないいないばあのワンワンのぬいぐるみとうーたんの指人形をプレゼントしました。テレビも好きだったので、わかってくれるかなぁとは思いましたがそのうち遊んでくれるだろうと考えて購入しました。バースデーケーキは米粉のパンケーキを焼いて、ママとパパの分と息子のをちーっちゃく焼いてみました。

息子のパンケーキはホイップしたヨーグルトを乗せて、わんわんのシールを貼った旗を立てました。テーブル付きの椅子に座らせてパンケーキのお皿を目の前に置いたら、美味しいものだと感づいたみたいですぐにちょーだいモードになりました。

離乳食を始めたばかりでまだ食べられませんでしたが、食べさせる真似をした時にヨーグルトが鼻について、お髭みたいになってて超可愛かったです。新しいおもちゃをもらってご機嫌の笑顔をしてくれたので、素敵な思い出になりました。

著者情報:さりゅ~

ママアイコン02

ハーブバースデーは手作りのスカートで

娘のハーフバースデー、何をしようか色々考えた結果、百均の水切りネットを使ってチュールスカートを手作りしました。そして、ガーランドで飾り付けをし、ケーキはお店にお願いしながらも、ケーキトッパーを自作しました。離乳食はまだ初めていなかったので、離乳食はなしで。

私の行動が遅くて最低限のことしかできませんでしたが、実は結構ハーフバースデーアイテムは充実しています。例えば、1/2のロウソクやスタイがトイザらスなどに売っていることを後から知りとても悔しい思いをしました。

何でもそうですが、早目早目に調べたり、行動することで失敗や後悔が防げる気がします。一応、私の場合、娘にせめてもの思いで作ったチュールスカート(百均の造花をバラし、花びらつき)が周りから大好評でそれを写真に残せたことはよかったと思っています。

著者情報:ソリチュード

ママアイコン02

スヌーピーの離乳食ケーキでお祝い

我が家ではハーフバースデーにお祝いをしようと両家の両親も集まってハーフバースデーパーティをしまし

た。私はスヌーピーの離乳食ケーキをつくりました。

ホウレンソウでデコペンをつかってメッセージを書いてお祝いしました。ほかにはまだ食べれるものがたくさんあるわけでもないのでプレゼントをみんなそれぞれ用意してました。私たち夫婦は絵本をプレゼントしました。

地元の作家さんの本が人気のようなので「いないいないばあ」と「ととけっこうよがあけた」など6か月以降からみんなで楽しく読める本をチョイスしました。特に「ととけっこう」は歌っているのが楽しいのか、今でも絵本を手に取って読んでほしいとねだってきます。両親からは洋服とおもちゃをプレゼントされました。

こういった記念日に挙げたものは大事なものだと理解しているように今でもニコニコと使って遊んでいます。子供も何が大事なものかというのは理解しているのかなといつも温かい気持ちになっています。

著者情報:ふ~び~

ママアイコン

初めてのハーフバースデーはぐぐってから

知り合いのお子さんがハーフバースデーのお祝いをしたと聞いて、その時初めて私もやってみようと思いました。具体的に何をしたらいいのか分からなかったのでネットで調べてみました。

皆さん色々やっているようでしたが、私はあまりお金をかけたくなかったので寝相アートのような感じで飾り付けをして写真を撮ることにしました。まず子供に被せる王冠をフェルトで作りました。

そして、ケーキはオムツで形を作り、その回りを折り紙で作った星やモールなどで飾り付けしました。厚紙で二分の一とハーフバースデーの文字を作ってケーキの隣に並べました。子供が期限がよさそうな時間を狙ってケーキの隣に横になってもらって写真を撮りました。

途中、ケーキを壊したり頭の王冠をずらしちゃったりしましたが、それはそれでいい写真になりました。お金はかかっていませんが、思い出に残る写真が撮れてとても満足しています。

著者情報:にゅーよ~

ママアイコン

スタジオアリスでハーフバースデー

先日、今年の3月下旬に生まれた息子が生後6ヶ月になったので、ハーフバースデーの記念として、写真を撮ってきました。写真はスタジオアリスで撮りました。こういったスタジオは初めてで不安でしたが、スタッフはみんな優しい人ばかりでした。

お店には様々なコスチュームが置いてありました。ハロウィンも近かったので、ハロウィン仕様のコスチュームを選び、いよいよ撮影がスタートしました。撮影が始まると緊張しているせいか、息子は大泣きしてしまいました。

しかし、スタッフが笑わせてくれたお陰でニコニコとしたかわいい笑顔を撮影する事が出来ました。その後アルバムも作ってくれたので、我が家の大事な家宝になりました。ハーフバースデーにはスタジオでかわいい写真撮影がオススメですよ!

著者情報:五番目の月

ママアイコン

手作りの絵本でと飾りでとっても可愛く

6か月の頃は赤ちゃんらしいとても可愛いい時期なので、我が家もハーフバースデーをしました。 あげたプレゼントは手作りの布絵本です。100均のフェルトやリボンを使って私が作りました。

この時期はめくるのが好きで、布だと安全だし、くちゃくちゃにされてもいいのでたくさん遊んでもらおうと作りました。また男の子なので、フェルトで王冠風の被り物も作りました。頭にちょこんと乗せるだけで写真映えするのでお勧めです。

部屋の飾りは壁一面だけを
バースデー仕様にして、産まれた時の写真とか 家族の写真などを貼って、マスキングテープでハーフバースデーおめでとう!の文字を作りました 。ケーキは赤ちゃんは食べられないですが、大人用に普通のケーキを用意しました。赤ちゃん用には赤ちゃんせんべいとフルーツを用意しました。

著者情報:スミコ

ママアイコン

布製の絵本で噛み付いても安心

我が家の息子のハーフバースデーには布製の絵本をプレゼントしました。わたし自身読書が好きなので、子供にも本に親しみを持ってほしいと思ったので、噛みついても安心な布製の絵本にしました。息子に渡すとさっそく喜んで噛みついていました。

文字はありませんがミラーや音が鳴る仕掛けもあって電車の中などで遊ぶのにちょうどいいおもちゃになりました。 ハーフバースデーのメニューには、白身魚とにんじんをすりおろしにして水分を抜いて型に入れて固めたものを交互に重ねてミルフィーユケーキ風にして盛り付けしました。

プレートの横にチョコペンで息子の名前と「ハーフバースデーおめでとう」の文字を入れました。まだケーキは食べられないので見た目だけでも楽しんでもらおうと工夫しました。

著者情報:はじめのいっぽ

ママアイコン

大好きな絵本とぬいぐるみでバースデー

娘のハーフバースデーのプレゼントは、はらぺこあおむしの絵本と、はらぺこあおむしのぬいぐるみをあげました。絵本が好きな子なって欲しい。という願いを込めて、私が好きな、はらぺこあおむし絵本にしました。現在1歳7ヶ月ですが、今でもお気に入りで、毎晩寝る前に読んで欲しいとベッドに持ってきます。

ハーフバースデーの時の飾りつけは、友人からお祝いにもらったバルーンを飾りました。

カラフルで形もかわいいバルーンで、娘も大喜びでしたし、部屋の中がいっきに華やかになって、写真に撮っても見映えがいいので、かなりオススメです。終わったらかさばらず捨てられるところも子育て中には助かるところです。料理はまだ娘は食べられないので、大人だけパーティースタイルで美味しく頂きました。

著者情報:あにまるず

ママアイコン

家族の好きなメニューでみんな揃ってお祝い

私は娘がハーフバースデーを迎えた時に、お祝いをしました。まず家でご馳走を作りパーティーをしました。家族にはパエリア、パスタ、グラタン、ハンバーグを作りました。

いずれも家族が好きなメニューです。娘にはしらすを細かく刻んで7分粥に入れたスペシャルな離乳食を作りました。パーティーには両家の両親も招き、娘を囲んでみんなで楽しく過ごしました。そしてハーフバースデーを迎えた娘には、可愛いピンクのお出掛け用の洋服をプレゼントしました。

そしてその後いつも通っている写真館でドレスを着て写真をとりました。キャラクターと一緒にとった写真もあり、今でも大事に飾っています。そのように家族みんなでハーフバースデーを楽しく祝いました。

著者情報:ジュリジュリ

ママアイコン

プレゼントと飾りに一工夫してパシャリッ

ハーフバースデーの前日に、A4サイズのダンボール紙に、「ハッピーハーフバースデー」のメッセージと絵を描いて、リビングに置いておきました。

いよいよ本人が起きてきましたが、ボードには見向きもせずにテレビを眺めています。ここは撮影しなくてはと、ボードと本人が入るように写真撮影をします。きちんと収まるまで時間がかかりましたが、無事にとれました。

成長記録として手形をとったり、音のなるおもちゃをプレゼントしました。本人は何が何だか分からなくても、親が楽しそうにしていれば、子供も喜んでいるものです。買えば飾り付けもおしゃれにできるのでしょうが、手作りの絵やメッセージと写真を撮れば、良い記念になると思います。

著者情報:アサヒ

ママアイコン

記憶よりも記録でのこすハーフバースデー

イベントが大好きな私は、ハーフバースデーは盛大にお祝いしようと決めていました。しかし主人は、「ハーフバースデーって必要?」と乗り気ではない様子。そんな主人を他所に3週間ほど前から少しずつ、子供が寝た後に準備をしました。まずは部屋の飾りつけ。

セリアやダイソーなどの100円均一で揃えた材料で、ガーランドやバルーン、ペーパーフラワーなどのアイテムを作りました。100均には既に出来あがっている商品もあるのですが、イメージ通りの物が見つからなかったので画用紙などを駆使して手作りしました。ネットには素敵な見本がたくさんあるので参考にしながら作りました。

他にはフェルトでバースデークラウン作りました。フェルトなので布の端の始末も必要無く、王冠型に切ったフェルトにグルーガンで飾りを貼り付けるだけという単純な作業で出来ました。当日は飾りつけをした場所で、オシャレな洋服を着てクラウンを着けて写真撮影。白い画用紙をレフ板代わりにしてカメラマンを頑張りました。バースデーメニューは、大好きなかぼちゃのペーストとほうれん草のペースト

を使ってプレートにクマの絵とHAPPY BIRTHDAYの文字を書いた物を用意。

大人はケーキを食べてパーティーを楽しみました。パーティーの後は成長記録を残すため、手形と足形を取って手形アートにして残しました。子供の記憶には残らないだろうけれど記録として残してあげたいので、写真とビデオにしっかりと様子を残しておきました。

著者情報:光につつまれて

ママアイコン

より豪華な離乳食でお祝い

ハーフバースデーにはいつもより豪華な離乳食を用意しました。特別パーティーやプレゼントなどは行わなかったので、いつも通りママと2人でご飯を食べました。

離乳食を食べ始めて1ヶ月ほどだったのでまだまだ食べれる食材は限られていましたが、カラフルに盛り付けることを意識して用意しました。ほうれん草のペーストとサツマイモのペーストを絞り袋に入れて「HAPPYHALFBIRTHDAY」を緑色と黄色で書きました。その周りにお粥と人参とブロッコリーを飾り、ニコニコの顔を書きました。

見せた時に喜んでくれるかなーって思いながら用意しているといつもより時間はかかりますが、私自身が自然と楽しくなりました。実際にいただきます、をして用意したお皿を見せると反応はあまりありませんでした。

まだ6ヶ月なのでこんなもんかと思いました。しかし食欲旺盛な時期だったこともありパクパク全部キレイに食べてくれたので作り甲斐がありました。喜んでくれる事よりもママが楽しめた事がとても良かったと感じています。

著者情報:まいらぶベイブ

行事・イベントカテゴリの最新記事