子供も大人もおいしいバナナケーキレシピ

子供も大人もおいしいバナナケーキレシピ

子供も大人もおいしいバナナケーキレシピ.

スポンサーリンク

子供も大人もおいしいバナナケーキレシピ

1歳未満でも食べれるバナナケーキレシピをご紹介します。月齢が低い赤ちゃんの味付けは薄く、大人が食べるとあまりおいしくないものばかり。でもこのバナナケーキは素材の味が出るので、甘く大人でもおいしく頂けます。

おやつタイムの必要性

おやつタイムの必要性

子供は大人に比べて、まだまだ胃は小さく、1回にとれる食事の量は限りがあります。そのため、エネルギーを補う意味で「おやつ」が必要です。

最近ではいろいろなお菓子がスーパーに並んでいます。市販もお菓子は糖質や脂質を多く含んだものも多いのが現状です。ついついお菓子を食べ過ぎて、夜ご飯を食べれない!

なんてケースも増えてくるのではないでしょうか。そんなおやつでも手作りしたい!という方にオススメです。

簡単!早い!楽!なバナナケーキのレシピです。

甘いバナナケーキレシピ

用意する材料も少なくてアレコレ準備する必要はありません!

【バナナケーキの材料】

  • ホットケーキミックス
  • 牛乳
  • バナナ

【バナナケーキの作り方】

  1. ホットケーキミックスに牛乳を入れ混ぜます。そこに小さく刻んだバナナを入れます。
  2. レンジOKなシリコンカップに混ぜたものを半分くらい入れます。それをレンジでチンするだけ。約1分~1分30秒でできあがり。

バナナ以外にもいろんな果物、野菜やチーズなど入れて味を変えても楽しめます。我が家ではバナナケーキだけでは飽きるかなと思い、3タイプくらいの違う味を作り冷凍でストックしています。

1度でたくさんできるので、1個づつサランラップに巻いて冷凍保存しています。

つぶしたバナナをあげた事もありますが、食べませんでした。これは小さく固形になっていて、まわりにスポンジがついているのでおいしいのか食べました。

調理方法によって、食べる食べないもあるので娘が好きな調理方法を見つけて作っています。また、外出する際にも便利です。すぐに食べる事ができるし、腹持ちもいいみたいです。

我が家の1日の流れ(おやつタイム時間)

1歳になる娘がいます。最近では、1日の流れができてきて、食事の時間、就寝の時間などある程度時間が定まってきています。

07:30 起床
08:00 朝ご飯(milk160ml、パン1個~2個)
12:00 昼ご飯(ご飯、みそ汁、おかず、果物またはヨーグルト)
13:00 お昼寝
16:00 おやつタイム(milk160ml、おやつ)
18:00 夜ご飯(ご飯、みそ汁、おかず、果物またはヨーグルト)
21:00 就寝

割とご飯が好きで、離乳食もたくさん食べてくれるんですが、おやつタイムがないと足りないみたいです。何度かおやつタイムを抜いた時は夜中に起きてしまった経験があります。夜寝る前にミルクを飲ませる方も多いと思いますが、娘には飲ませていないので、おやつと夜ご飯でたっぷり食べます。

以前は夜中1度起きてミルクを飲んでいましたが、食べるようになってからは、夜中に起きる事もなくなりました。おかげで睡眠不足にならず、助かっています。

  

おやつも手作りで安心!

バナナケーキ

このバナナケーキはまだまだ小さい赤ちゃんにはぴったりのおやつです。娘も気に入って、良く食べてくれます。離乳食が進んで、自分で手掴みで食べれるのもポイント高いですし、卵アレルギーの子でも食べれるので安心です。
また大人も食べれるので、一緒に「おいしいね」といいながら食べています。

一緒のものを食べれる喜びが味わえます。

まだ小さいので、できるだけ作ったものをあげたいと思うママが多いと思います。

私は育児と家事、仕事もしているので、作りたいんですがやはり時間が無い時も多いので「簡単!早い!楽!」なレシピをいつも探しています。かつ、おいしくて娘が良く食べてくれるものがいいので、日々研究中です。もう、嫌いなものもあるみたいで、嫌いなものは食べてくれません。べーっと出される事もたまにあるので、ショックです。

そんな経験を持つママは多いですよね。いろんな子供がいるので、自分の子供にあった味付けをしてみて下さいね。いろんなアレンジができるおやつなので、是非試してみて下さいね。

困ったときはHM(ホットケーキミックス)様にお願い!

>困ったときはHM(ホットケーキミックス)様にお願い!

長男・次男は野菜が苦手で、緑のものには絶対に手をつけませんでした。

生野菜など論外!

でも、ビタミンは採ってほしいし、便秘も心配。

そこでわたしがとった作戦とは…!

ホットケーキ大好き♪

ホットケーキ大好き♪

長男は、クッキーモンスターならぬパンケーキモンスター。

ご飯より、パンより、ホットケーキに目がない子でした。

スナック菓子を与えるよりは、ホットケーキのほうが添加物も少ないし、優しい甘さ。

栄養面から見ても、たまごと牛乳は体に良いもの。

そして何よりわたしたち親子が酔いしれていたのは、「ママの手作り感」でした。

作る側からするととっても簡単なのに、、子どもたちにとっては、ママが一から作ってくれるありがた~い、愛情たっぷりのほんわかスペシャルな食べ物。

小さい頃は毎日のように焼いていて、子どもが喜んでパクパク食べる姿に、「炭水化物多めだけど、まあいいか…」と、ホットケーキ三昧の日々を過ごしていました。

ほっとくと野菜ゼロの日も!そこで…

ホットケーキを食べる子供

食に関する番組で、野菜の栄養に関する情報を得たり、お野菜大好きなよそのお子さんの話を聞くと、いたって健康なうちの子どもたち。

でも少しは野菜も食べさせないとまずいんじゃ…という気持ちに。

そこで大好きなホットケーキ、プレーンのまま出しているのはもったいない!と、ある日バナナを混ぜてみました。

結果、「なんか違う…」という様子でしたが、メイプルシロップをかけて誤魔化し成功。

その後はかぼちゃやさつまいも、ほうれんそうなどいろんなものをちょこちょこ混ぜて、知らないうちに野菜を食べている状態にもっていきました。

野菜ジュース入りパンケーキなども、彩り鮮やかに美味しく出来上がりました。

カレーに緑の野菜を混ぜる

カレーに緑の野菜を混ぜる

葉付大根を買ったときに、ビタミン豊富な葉の部分を、どうにかして食べさせたいと思いました。

そこで思い出したのが、インドカレーなどの店でよく出てくるほうれんそうカレー。

早速きざんで混ぜてみました。

見た目が明らかにいつものカレーとは違い、何だこの緑は…と怪しんでいましたが、おそるおそる食べてみると、いつものカレーと大差ない様子。

大根の葉はクセがなく、味にほとんど影響を及ぼしませんでした。

それからというもの、ピーマンやらブロッコリーやら、子どもが嫌う緑の野菜はみんなカレーに混ぜれば食べさせることができました。

野菜を摂らせなければ…と焦ると、食事の準備が憂鬱になってきたりします。

わたしの場合、あの日本を代表するスーパープレーヤー・中田英寿選手も、野菜をほとんど食べないと聞いて、「野菜が苦手でも立派なひとになれるんだ」と希望がもてました。

それ以来、子どもの偏食にあまり神経質にならずに済んだので、今お悩みのママには、絶対食べさせなきゃいけないものなんてないんだよ、とアドバイスしたいです。

偏食の我が子!魚に含まれるDHAをどう取る?

偏食の我が子!魚に含まれるDHAをどう取る?

2人の子供を育てていて、悩んでいるのが偏食。

2人ともごはんは食べるものの、魚や肉があまり好きじゃなく、特に青魚は無理!さばは小骨を取り除いた「子供も食べる」とクチコミで評判の商品で、甘辛いタレがついたかば焼き風になっているものも試しました。

どちらも一口食べるものの、2口目は無理。

最近では一口も食べない時もあります。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、不飽和脂肪酸のひとつ。

活性化して脳の伝達をスムーズにするとも言われます。

子どもにどうにかして食べてほしいと思って、工夫しています。

おつまみならイケる?!

おつまみ用小魚

子供2人ともおつまみ系が大好き。

さきいか、柿の種も大好き。

味の好みを考えて、おつまみ系なら魚もイケるのではと思って小魚アーモンドをあげてみました。

アーモンドフィッシュとも呼ばれる商品です。

カタクチイワシに醤油やみりんで味をつけて、アーモンドと混ぜてあるものです。

これが正解!

2人ともパクパク食べます。

カタクチイワシも青魚。

おやつとしてでも食べるならいいでしょう、とほっとしました。

ただ、ちょっと待って。

小魚だけ選んで食べています。

ここでも好き嫌いなのでしょうか?

アーモンドだけ大量に余るので、ママが食べることになってしまいました。

今は、アーモンド抜きの小魚だけの商品があったので、そちらを選んで買っています。

小さい容器に入れておくと、外出時のおやつとしても食べることができます。

DHA入りのグミを発見!1日2個 食べよう

DHA配合グミ

海外の子供用グミでDHA入りを見つけました。

サプリメントの一種のようで、海外では普通に子供が栄養素をサプリメントで摂取するのが当たり前のようですね。

DHAサプリメントはオイルの粒になっていて口の中でぷちんと弾けてとろっととけるものしか知りませんでした。

それだと子供には無理かなと抵抗があったんです。

グミなら食べそうと思って1瓶買ってみました。

魚の形をしていて、見た目もかわいいです。

色は赤、黄色、オレンジがあって、1日2粒を食べればOK。

毎朝、できるだけ食べるようにしています。

お砂糖が外にかかっていて甘くて食べやすいので、子供でもパクパク。

ママも「どんな感じ?」と思って食べてみましたが、魚くさくはありません。

これならおやつとしても食べられそう。

今ではまとめ買いをしています。

毎日2粒、日課としていますよ。

ジュースもあった!喉がかわいたらコレで

DHA配合ジュース

DHA入りのジュースもありました。

これは、インターネット通販で他のものを買う時に見つけました。

飲料でDHA入りのものってあまり見かけない気がします。

ただ、ケース買いだったので「飲まなかったらどうしよう」と諦めていたんですね。

気になっていたところ、ベビー用品店でも発見。

ベビー用品店では3個パックの小売があったので「飲まなかったらママが飲もう」と購入を決断。

買いやすかったです。

幼児用ジュースのようになっていて、1パックあたり125mlで飲みきりサイズ。

あげてみたらちゃんと飲みました。

これもママが味見をしてみましたが、違和感なし。

りんごジュースはちょっとコラーゲンドリンクっぽい味かな?と思いましたが、りんごジュースと言われて飲んでみるとわからない程度です。

甘くてフルーティーで飲みやすいジュースです。

これも子供に「ジュースだよ」と言って渡すと普通に飲んでくれています。

魚を食べない子供達にはグミやジュースでDHAを。

脳のはたらきをよくすると言われるDHA。

ちょっとでも摂取してもらいたいとの親心がはたらいています。

子供と楽しむカテゴリの最新記事