飛行機を子供と一緒に見に行こう!スカイパーク・飛行機公園とは?

飛行機を子供と一緒に見に行こう!スカイパーク・飛行機公園とは?

飛行機 公園

飛行機好きな子供が楽しめる公園があります。

実物の飛行機を見せてあげられる公園は「スカイパーク」「飛行機公園」といった名称で知られています。

実際の飛行機は大きく大迫力。

そして、空港によってはツアーがあったりもします。

スポンサーリンク

子供と飛行機を楽しんだ空港公園

子供と飛行機 公園

空港公園は、名前から推測できる通り、空港の近くにある公園のこと。

ただしインターネットで「空港公園」と検索してもヒットしないことがあります。

そこで、空港の近くに飛行機が見える公園がないかを探してみるのが一番。

公園によっては、スカイパークや飛行機公園と名前がついていることもあります。

「スカイパーク」や「飛行機公園」の名称は統一されていないので飛行場の近くの公園を探してみるのがおすすめ。

そして、公園によっては飛行機に関する施設もあるのが特徴。

飛行機に関する施設の中には無料で楽しめる施設だってあるんです。

私が過去に行ってみてよかった空港公園を紹介します。

神明公園(じんめいこうえん)

神明公園

県営名古屋空港のすぐ近くにある神明公園。

園内には大型遊具のアスレチックがあり、夏には水遊びができる施設もあります。

飛行機を眺めることができる展望台もあり、飛行機を見つつ楽しめそうなバーベキュー場もあります。

また、特筆すべきなのは航空館boonがあること。

この航空館boonは神明公園内にあります。

朝9時から4時までの時間帯開館しているいわば飛行機のミニ博物館です。

航空館boon

フライトシミュレータのほか、三菱MU-2A3号機の飛行機、ヘリコプターの展示もあり、子供は本当に大好きです。

実際に使われていた飛行機やヘリコプターを見ることができるので、男の子は興奮してしまうのではないでしょうか。

近くにはエアフロントオアシスと呼ばれる飛行機を見ることができる小さい公園もあり、飛行機を見るスポット巡りをすることができます。

中部国際空港(セントレア)

中部国際空港(セントレア)

中部国際空港、通称セントレア。

このセントレアは、セントラルとエアーを足した造語。

このセントレアには空港公園はありません。

ただ、離発着を見ることができるスカイデッキがあります。

もちろん無料。

国際空港なので、海外からの離発着便を見ることもできます。

そして、セントレアには子供も楽しめるセントレアまるわかりツアーがあります。

■ 滑走路見学コース 
■ ターミナルコース 
■ セグウェイガイドツアー 
■ (学校行事)社会見学

私たちは「滑走路見学コース」に参加してみました。

バスツアーに申し込んだので無料ではありませんが、貴重な体験ができました。

伊丹スカイパーク

伊丹スカイパーク

過去に訪れたことのあるスカイパークで、一番迫力のある滑空を見ることができたのが伊丹スカイパークでした。

兵庫県、大阪国際空港(伊丹空港)のすぐ近くにあります。

公園は、空港をぐるりと囲むような細長い形になっていて、駐車場もいろんなところにあります。

そして飛行機を間近に眺めることもできました。

子供の飛行機好きを高める「セントレアまるわかりツアー」に!

飛行機 好き

中部国際空港のセントレアまるわかりツアーに参加してきました。

私が参加したのはバスツアー。

>旅行会社が企画するツアーに参加して、朝の9時に集合場所の電車の駅から出発。

お昼ごはんつき、夕方までの1日のツアーでした。

ターミナルコース、セグウェイガイドツアーもあるようですが、私たちが参加したのは「滑走路見学コース」。

セキュリティを受けた観光バスが空港の滑走路を一周。

途中、バスを降りて網の中で記念撮影や飛行機写真を撮影する時間も設けられている貴重なツアーです。

子供と飛行機見学!「セントレアまるわかりツアー」の中身は?

飛行機 見学

「セントレアまるわかりツアー」の所要時間は90分。

子供は2人。幼稚園年中さんと未就園児(3歳)を連れていきました。

パパと一緒、家族4人での参加です。

未就園児は場所慣れしていないところでは泣くこともあります。

バスツアーも緊張しながら挑みました。

コンビニでジュースとお菓子を買ったのですが、バスツアーではお菓子・ジュースつき。

駅からセントレアまでのバス車中では『ミニオンズ』を見ながら行けたので、子供もぐずらず済みました。

この滑走路見学コース、セキュリティが厳重です。

滑走路に入る前に金属探知機で危険物を持っていないか検査もあります。

幸運にも子供が飛行機については最近興味を示していたので「泣いたらバスを降ろされてしまうよ」と厳重に言い聞かせて参加しました。

なので泣き叫びはありませんでした。

そして間近で飛行機の離発着を見ると言葉もなく熱中していました。

中には赤ちゃん連れの夫婦、小学生の男の子連れのパパもいたので、小さい子供も参加できるツアーと思います。

飛行機 公園

みどころは、やはり全て。

普段は見ることができない特別機を見ることができました!

フィンランドの航空機FINAIRは、飛行機にmarimekko(マリメッコ)の花柄が描かれた機種を見ることができました。

かものはしのようなDREAM LIFTER(ドリームリフター)は荷物を運ぶ窓のない飛行機。

1日1便しかないので、見ることができてラッキーと乗務員の方がおっしゃっていました。

そして、ボーイング787(DREAM LINER・ドリームライナー)も!

アメリカのボーイング社が製造する一番新しい機種。

同じツアーに参加している人が飛行機大好きのおじさまだったようで、興奮して話していました。

ガイドツアーで、ガイドさんも「シャッターチャンスです!」と興奮。

ドリームリフター、ボーイング787など珍しい飛行機を立て続けに見ることができたので「ラッキーですね!」と言ってもらえました。

また、普段は見ることができない進入灯を見ることができたのもママにとっては感動!

進入灯は、パイロットが飛行機が飛ぶ時に目安にするライトのこと。

ちょうどいい角度だと2つは赤、2つは白になる不思議なライトです。

飛行機を見たら子供と復習!ハマっている動画

飛行機 動画

セントレアでのまるわかりツアーを終えて、復習もしっかり行うようにしています。

これで子供に飛行機についてより興味を示してもらえるといいなと打算的な教育をしています。

『エアポート図鑑・空港24時』を見せ始めました。

私は楽天TVで月額パックを契約してとりあえず1ヶ月300円ほどで子供に見せています。

朝の時間、掃除をしながら流しつつ見てもらえると家事もはかどります。

『エアポート図鑑』の動画は、成田国際空港の24時間をドキュメントにしたもの。

エアポート図鑑

最初は朝早くに電光掲示板のスイッチがつくところからはじまり、
・ターミナルの様子
・飛行機を洗う場面
・管制塔の様子
・整備の場面
・貨物の積み下ろし
・夜の離着陸
・最終便
・最後には消灯まで。

普段は見ることができない空港の様子が動画になっているので、親だって参考になります。

子供は飛行場に行ったからか、「空港!空港!」と興奮して話してくれます。

我が家にも飛行機ブームが来るか!?期待しています。

子供と楽しむカテゴリの最新記事