大変だった育児生活をこんな方法で乗り切りました

大変だった育児生活をこんな方法で乗り切りました

大変だった育児

育児生活を経験された方々が共通して頷くのは、生後3週間目と3ヶ月目といったように3が付く周期に意味も無く泣き喚いたり機嫌が悪くなってしまうという事です。

スポンサーリンク

ママの育児中のストレスと不安

ママの育児中のストレス

ただでさえ慣れない子育てで疲労困憊している上に、家庭を守るために産後も変わらず楽しみを我慢して家事を行っている母親にとっては大きなストレス要因になってしまいます。

私が悩んだ育児の悩み

私が悩んだ育児の悩み

赤ちゃんに見受けられる具体的な様相と言うのは個々により差異があるのですが、多く感じられるのはそれまでは1日中寝ていたものの、自我が芽生えて起きている時間が多くなった頃に常に泣いているというものです。

起きているだけなら無問題ですが、絶え間なく機嫌が悪いようなら母親としても苦労してしまいますし、理由がわからないともなれば尚更辛いものです。

また、この頃は寝付きに関しても悪い印象に感じられ、最低限の用事を済ませるために動いただけでも起きてしまい泣かれてしまいます。

鬱や育児ノイローゼでもないのに産後に疲れやすくなる原因は?

ママの育児は体力との戦い

ママの育児は体力との戦い

寝かしつけるために機嫌をとりながら2時間程度抱っこし続けたものの、数分間しか眠らず再び大泣きされる事例もあるので、そのままの状態を続けていると親の体力が消耗してしまいます。

育児生活を続けていると孤独な気持ちになってしまい、あらゆる事を一人で抱え込んでしまうようになるのですが、乗り切るためにまずは最も身近に居る人に本音を伝えてください。

育児生活は両親で行っていくことなので、旦那に対して心情をしっかりと伝えて協力を仰ぐようにお願いしてみましょう。

働くママ・パパにうれしい育児休業給付金と1年間の仕事ブランク

夫が単身赴任している場合

夫の単身赴任

旦那がお仕事で家に居ない事が多い場合や単身赴任中といった家庭においては、自分の両親に対して悩みを伝えてサポートしてもらうようにしてください。

子供にとっては祖母や祖父という立場になる存在ですが、やはり一度育児生活を経験されているだけあり、手慣れた様子で助けてくれるのです。

イクメンが知っておくべき赤ちゃんの育児・お世話方法

罪悪感と親がサポートしてくれる安心感

家族集合写真

そして、初めのうちは罪悪感を覚える可能性もありますが、育児を代行してもらっている間に我慢し続けていた楽しみに時間を費やすようにしてください。

大きな疲労感を覚えつつ、手がかからなくなるまで育て上げるというのは非常に厳しく、そのままでは心身ともに壊れてしまう恐れが高いので他者の協力は必要不可欠なのです。

そういった厳しい育児生活は少しの間の辛抱であり、お子さんはあっという間に成長することから、すぐに一緒に外で様々な遊びに興じることができるようになります。

目前に迫っているそのような楽しみに思いを馳せながら引き続き育てていくのもやりがいがあって良いでしょう。

節約術!育児しながら財布の紐はこうしてしめる!

子育ての悩みカテゴリの最新記事