プレ幼稚園体験談!集団生活の予行演習と準備!

プレ幼稚園体験談!集団生活の予行演習と準備!

プレ幼稚園体験談!集団生活の予行演習と準備!

スポンサーリンク

集団生活の予行演習!プレ幼稚園体験談

子供が2歳になると、気になってくるのが幼稚園選び。育休復帰の人も子供が2歳になる段階で保育園をどこにするか、あるいは幼稚園の延長保育にするかを決める頃ではないでしょうか。

私はプレ幼稚園に1年間通わせる予定でいます。その時の手続きについて書いてみました。参考にしてもらえると嬉しいです!

実は幼稚園選びは1~2歳から?

実は幼稚園選びは1~2歳から?

第二子を妊娠・出産していたので、幼稚園の情報を集めるのはもっぱらインターネットで。そして、プレ幼稚園の手続きは慌てて行いました。ですが、3歳から入園する幼稚園選びは、プレ幼稚園の時期からはじまっているのかもしれません。そう考えると、実は1~2歳から幼稚園選びがはじまっているといっても過言ではありません。

プレ幼稚園は、従来、幼稚園に通う前、約1年間通うことができる2歳児のための幼稚園のプログラムです。幼稚園によってあるところ、ないところがあります。私は、集団生活の予行演習になればという気持ち、気になっていた幼稚園の教育内容がわかることから応募してみました。通う事にした園では年間一括で料金を支払いましたが、習い事に通うよりも格段に安く行くことができるのも魅力です。

ただ、このプレ幼稚園に通うことで、入園優先枠に入ることができる幼稚園もあります。入園優先枠に入ってしまうと特別な理由がない限り他の園に入園できなくなりますが、早く決めてしまいたい場合、その園が第一希望の場合はこういった制度を取っている園に申し込むママもいます。そう考えると、幼稚園選びは1~2歳の頃からはじまっているのかもしれません。

プレ幼稚園に行くことの意義

プレ幼稚園に行くことの意義

私がプレ幼稚園に行かせることを決めたのは、集団生活に慣れてほしかったから。個人差があるかもしれませんが、集団生活に慣れるまでに時間がかかりそうだった我が子。児童館に連れていくものの、子供は1人で黙々と遊んでいることも多いです。楽しそうにしているのですが、1人きりで遊んだり走ったりしている姿が気になっていました。幼稚園だと、「みんなで何かをする」ことが増えると聞いていたので、「このままでも大丈夫かな?」と思っていました。

気になっている幼稚園にプレ幼稚園の制度があると知り、月に1度だったので、通うのも楽そうで抵抗なく申し込むことができました。親と子供2人1組で参加して、工作をしたり、シール貼りをしたり、歌遊びをしたりしています。1時間のクラスで、気分によっては途中で飽きたりしている様子も見られますが、親はできるだけ見守って参加しています。

年長さんとのふれあいの時間では楽しそうに接していて、思ったのは、行かせてよかったということ。そこで、1ヶ月に1度でも幼稚園に行ってもらい、集団生活に慣れてもらうことにしています。

色々な方針がある幼稚園

色々な方針がある幼稚園

幼稚園によっては、「のびのび系」、「勉強系」と方針が違うことがあります。のびのび系だと、運動をさせることが中心。勉強系だと英語の授業をしているところもあり、それぞれに方針があることがわかります。また、授業後に習い事を受けることができる幼稚園もあります。

最初は、それらの違いもわかっていませんでしたが、プレ幼稚園に通うことで「ここはこんな授業をしてくれるんだ」と思えるようになりました。幼稚園は入園前に説明会を開いて説明してくれたりもします。ただ、実際の先生の様子や授業の様子、子供が楽しそうかを見るためにも、プレ幼稚園を体験できたことはよかったような気がしています。

そして、子供も幼稚園が何か次第に理解してきたようで、「今日は幼稚園に行く?」と言うようになりました。参加する前は馴染めるかわからなかったプレ幼稚園ですが、子供本人は案外と楽しく感じているみたいです。

幼稚園グッズは100均で!節約主婦が取ったワザは?

幼稚園グッズは100均で!節約主婦が取ったワザは?

幼稚園に通うにあたって、直面したのがお金の問題。

これまで支払ってこなかった月々の月謝は予想していましたが、その前にもお金が出ていきます。

アニメにあるように、お金に羽根がはえて飛んでいくよう……。

最初は制服代だけで4万円ほどかかりました。

また、これ以外に幼稚園グッズとして、給食セットやハンカチ、ティッシュ、ループつきタオルや雑巾も各自購入して用意しなくてはいけなくて……。

我が家の場合は、「やっぱり必要かもしれない」と、幼稚園用の無地の白い靴下、無地下着も新調したので出費は多かったように思います。

結局、合計いくらかかったのかは、もう怖かったので計算していません。でも、途中からは100均グッズを買って乗り切りました!

割と高額!給食セットって高い

貯金箱とお金

学童品と言われる制服・体操服やお道具箱、はさみなど、幼稚園から指定されている用品はそのまま購入。

現金で支払わなければならなかったので、「結構高い!」と思いました。

そして、各家庭で用意しなくてはいけない給食セット、ループつきタオル、そして水筒などの購入も控えています。

子供が通う幼稚園では、給食セットは、スプーン、フォーク、はしの3点が入っているセットが必須。

スプーン、フォークの2点セット、スプーンorフォークのみはダメとのことでした。

そのため、家にあるランチ用カトラリーは使えないことが判明。

幼稚園のために新しく購入です。

サンリオのショップに行くと、1000円ほど。

子供用品のお店でも同じくらいの価格でした。

まずは1セット購入。

CHECK

子供の好きな猫のキャラクターがついたものを選びました。

その後、「毎日必要になるから」と、もう1セット購入しました。

こうやればいいんだ!100均って便利!

ダイソーのお弁当箱

100均に行ったところ、スプーン、フォーク、箸が入った給食セットを発見。

オールプラスティックですが、ケースまでついて100円です。

見た瞬間、「安すぎる!」と興奮。

だって、その前にキャラクターの給食セットを1000円で買っているんですから。

値段は1/10です。

子供が好きそうなピンク色で、うさぎのキャラクターがついているので、つい購入。

2つあると、片方を洗っている時に持たせることもできるので便利ですよね。

150円商品もあり、プラスティックと金属製。

そちらも「この値段なら!」と購入しました。

100均と上手に組み合わせる!

今はどうかというと、キャラクターアイテムも取り入れています。

おすすめは、100均も利用して、ちょっとずつ買い足ししていく方法。

私が幼稚園の頃を思い出すと、やっぱりキャラクターのナプキンやハンカチ、給食セットがかばんに入っていた日はテンションが上がっていました。

新しいグッズを持っていると、まわりのおともだちに「それ、かわいい!」と褒められたりしました。

幼稚園児でも、女の子ってそのあたりは理解しているんですよね。

なので、全てを100均で揃えるのではなくて、最初は100均を取り入れつつ、買いかえタイミングでキャラクターにしてあげるのもいいかなと考えています。

とは言え、「これも100円なの?」と思える商品が多く、見つけたらまとめ買いしちゃいます。

ママにとってもありがたい100均の存在、助かっています。

いよいよ入園!我が家の幼稚園前記録

4月から、娘がやっと幼稚園に入園します!

赤ちゃんの頃から共に歩んでいる私としては、「もうそんな時期!」と驚くと同時に「親から離れて泣くだろうか」「ちゃんと集団生活できるだろうか」なんて少し過保護モード。

心配です。

幼稚園入園にあたって、準備しなくてはいけないことも色々あり、不安ながら入園準備はとりあえず完了。

私がしてみた幼稚園前の記録です。

さあ!名前つけがはじまる!

テプラ

インターネットなどで「徹夜して完了した」という声もあって恐ろしかった名前つけ。

3月上旬に用品の受取があり、4月の入園式まで約1ヶ月。

CHECKし

用品の名前つけをこの間に行わなければなりません。

とりあえず全部終了しましたが、「ちゃんと全部に名前が書けていたか」は未確認。

大丈夫でしょうか……?

ウワサで大変だと聞いていたので、用品の受取前に名前シールやワッペンなど名前つけグッズはあらかじめ購入済み。

家計のことも考えて、セリアやダイソーなどの100均も巡りました。

家にもともとあって役立ったのは、テプラです。

細い4ミリテープは、クレヨン、サインペン、歯ブラシなどにも使えてかなり便利でした。

テプラだけだと不安なので、上からテープで貼りつけます。

名前つけは、子どもがいる時にやりはじめると面白がって触ろうとするので、夜の寝静まった後、朝の起きる前に作業。

同じく、アイロンのワッペンや名前シールも危ないので、寝ている間に作業しました。

これがちょっと大変で、作業してもすぐ中断だと、ストレスで、「名前つけが終わらない!」とイライラしてしまうママもいそうです。

また、聞いた話だと、幼稚園によっては「○㎝×○㎝の名前シールじゃないとダメ」という場合もあるようです。

そういった時は、用意しておいた名前シールが使えなかったりして、また買いに走るケースもあるみたいですね。

急遽購入した名前スタンプは布にも使える!

お名前スタンプ

テプラで作業しているうち、やっぱり欲しいと思ったのが名前スタンプ。

インターネットで注文しちゃいました。

届くまでに時間がかかりましたが、サイズ違いのセットを注文したので、すごく便利。

スタンプインクも、セットに入っているプラスティックに押せるもののほか、布に押せるインクを追加で買ったので、制服やスモック、体操帽にもポンポン押せます。

箱もかわいくて、このまましまっておけば、小学校入学にも使えます。

入園してからも、度々名前つけは出てきそうなので、名前スタンプは見えるところに置いておきます。

幼稚園入園のための絵本も!

絵本:わたしようちえんにいくの

幼稚園に行くことが楽しいものだと思ってもらえるよう、絵本も購入。

レビュー評価もよかった『わたし、ようちえんにいくの』です。

幼稚園に通うことになった主人公の女の子。

ママが帰って寂しい気持ちになりますが、男の子のお友達とくまさんをあやしたり、幼稚園のみんなと絵本を読んだりする様子を描いています。

幼稚園ではお友達もできたよ、とハッピーエンド。

それぞれが自由に楽しく遊んでいる幼稚園。
それが娘の心にも楽しく映ったようで、「いいなあ、幼稚園~」が感想でした。

幼稚園は、あとは入園式を待つだけ。
なんだか、娘よりも親の私がドキドキしています。

※2016年4月11日、無事に幼稚園の入学式が済んだとの嬉しい報告がありました。

子供の教育カテゴリの最新記事