不眠症になっちゃう?育児で眠れない!

不眠症になっちゃう?育児で眠れない!

泣き叫んで不眠 に

スポンサーリンク

育児に悩んで不眠に?

育児というのは、その子のその瞬間にしかない、とても素晴らしいものではありますが、子供というのはまだ小さい未就園児や赤ちゃんであれば、まだまだ自分の言うことなど理解できないようなこともありますね。

それで苦労してしまうこともあるでしょう。

また、注意してもなかなか思い通りに行かないことで、悩んで眠れなくなるというこもあるものです。

眠れないということも数日であれば良いですが、あまりにも続くようであれば、疲れがたまって正常に頭が働かないことで、ノイローゼや虐待につながっていまうこともあるので注意が必要です。

ですから自分が不眠症だと思ったら、とにかく眠るための時間を確保するようにしましょう。

夜泣きの不眠対策

不眠 対策で満腹に

特に子供がまだ赤ちゃんの時であれば、夜泣きが酷くて眠れないこともあるものです。

今の赤ちゃんは昔の赤ちゃんに比べて夜泣きをすることが少ない、とも言われますが、それは今はミルクで育児をすることも多く、ミルクのお腹の持ちが良く、あまりお腹を空かせて泣くようなことがないからだともいわれます。

ですから夜泣きが酷く眠れないような時であれば、母乳の場合は夜だけ母乳とミルクと混合にする、夜のミルクは多めにして、寝ている途中で赤ちゃんがお腹いっぱいになって起きないようにするなど、工夫をしてみましょう。

お腹が満腹であれば満たされていて、そのまま朝まで寝ているという可能性もあります。

また、不眠症になっているのがただ単に赤ちゃんの夜泣きでなく育児ストレスからくるようなものであれば、ストレスを軽減させるようなことが必要です。

鬱や育児ノイローゼでもないのに産後に疲れやすくなる原因は?

夜の不眠は昼寝で解消!

不眠 対策に一緒に昼寝

育児疲れやストレスで不眠症になっているような時は眠れるように努力してみましょう。

赤ちゃんを両親やご主人に短い間だけ預かってもらい、少しだけ子供と離れる期間を作ってみるというのも良いでしょう。

少しリフレッシュするだけでよく眠れるということもあるものです。

また、夜眠れないのであれば昼間子供と一緒にお昼寝してみるというのも良いでしょう。

少しお昼寝をするだけで気分が晴れ、頭もスッキリするものです。

あまりお昼寝をしすぎると、夜眠れないという悪循環になりますので要注意です。

お昼寝はあまりにもたっぷり取ると夜の睡眠に影響してしまうということもあるものですが、疲れている時や夜眠れないような時であれば、昼に寝る時間を作ることで頭も体もスッキリするものです。

育児ストレスに効果的な魔法のノートとは

大切なのは不眠解消より睡眠の充実

不眠解消より睡眠の充実

不眠だと深深共に疲れてしまうので、睡眠を充実させるための努力というのをしてみると良いです。

寝る子は育つ、というように、寝る時間というのは子供にも大事ですし、大人も健康に育児をしていくにはとても大切なことだということができるでしょう。

自分の睡眠時間を確保できるように工夫をしてみても良いでしょう。

大変だった育児生活をこんな方法で乗り切りました

子育ての悩みカテゴリの最新記事