夫に育児に協力してもらうために夫につたえておきたい事

夫に育児に協力してもらうために夫につたえておきたい事

夫に育児に協力

育児は大体の家庭が母親が中心となっているため、それによる日々のストレスが溜まっていく一方です。

やはり対策としては、なるべく夫に協力してもらう事によりストレスや育児疲れの軽減をする事が良いのです。

今は、国や各企業も育児支援に力を入れており、男性に対する休暇も多くなっている傾向です。

しかし、それでも夫が協力する事は各家庭で数パーセントにしかいかないのが現状です。

まずは、何を夫に協力して欲しいか紙にでもリストアップすると良いです。

スポンサーリンク

子育て以外の家事の見直し

パパと子供

もちろん母親の場合、殆どの方が育休を取得していますが、子育て以外にも家事をこなさなければなりません。
その家事も含めた1日のやる事リストを作成し1度夫に見て頂き話し合う事が大事です。それを見た夫も母親が1日にする子育てや家事が物凄く多い事にびっくりするはずです。

大変だった育児生活をこんな方法で乗り切りました

男性は仕事が優先になりがち、そんな時は

男性の場合は、仕事がメインになり毎日の帰宅後、子育てに対して協力する時間は1時間にも満たないはずです。子育てと言っても休日に少し子供と遊ぶくらいになるのが現状です。
やる事リストをみても、協力しない様な素振りがあるならば、例えば奥さんが育児や家事を給料に換算して、旦那さんにお金を頂くか、それが不可能なら旦那さんのお小遣いを減らすと良いです。しかし、この方法はあまりお勧めできませんが、たまには強気な態度で交渉するのも悪くないはずです。

その他にできる育児の夫婦での協力

洗濯機

その他の方法としては、これ以上子育てに疲れやストレスが溜まり、それにより仮に母親が病気になった事を想定して話を進めるのも良い方法です。母親が倒れる事により、これだけの多くの事を旦那さんが代わりにするとなると、嫌でも旦那さんも手伝ってくれるはずです。

例えば、直接子育てに時間を割けなくても、日々の家事を手伝うくらいは出来るはずです。少しでも良いから手伝ってもらう事を説明すと良いです。例えば茶碗洗いや洗濯物たたみ、風呂洗いや料理など。また、他に子供もいるなら幼稚園等の送りや小学生の場合、宿題を見てやる事でも母親の負担軽減にはなります。

父親はこうやって育児に参加する

男性の育休もひとつの手段

男性の育休イメージ

1番良いのは、男性が育休を取得できるのが良いのです。例えば乳幼児に数ヶ月休みが取得できるだけでも、母親はストレスが軽減でき睡眠を確保する事もできます。とにかく少しでも良いので母親と子供を離す時間を増やす事が肝心となります。まずは、お互いに育児ができる様にゆっくりと話し合い、少しずつでも良いので旦那さんに今の現状を理解して頂き手伝ってもらう様にするべきです。

働くママ・パパにうれしい育児休業給付金と1年間の仕事ブランク

子育ての悩みカテゴリの最新記事