美容室でカットを嫌がる子供とママも子供同伴で行ける美容室!

美容室でカットを嫌がる子供とママも子供同伴で行ける美容室!

美容室でカットを嫌がる子供とママも子供同伴で行ける美容室!

子供ができると意外と不自由になるのが美容室。赤ちゃんの頃はお母さんが抱っこしながらカットしてもらうことができるんですが、大きくなるとそうもいきません。ここでは子供と美容室の利用を子供がいるママの話を聞いてみましょう。

スポンサーリンク

子育て中の美容院!託児つき?キッズスペース?こんなサービスも

行きつけの美容院は託児サービスがありません。

出産後も子供を預けて通っていたものの、夫も母も頼れないタイミングがありました。

そこで

キッズスペースのある美容院に初挑戦!

調べてみると、子供連れでも行ける美容院があります。

どんなサービスが受けられる?2歳児を連れていった結果は?体験談をお話します。

美容院!行きつけに子育て中は行けない!?

子育てと美容院

子供がいない時から通っていた「行きつけ」の美容院があります。

学生も、子供も、年配の人も来ていて、少数ですが男性も来ている美容院。

担当の人にお世話になっていて、毛量の多い私のカットを上手にしてくれ、好みも把握しているので親戚の人のように頼りきっていました。

産後も夫に赤ちゃんを預けて行っていました。

夫が仕事の時に行きたい時は、母に頼って。

1人目の出産時はそれでよかったのですが、状況は変わります。

夫が多忙になって休日は寝ていたいと言うようになってきたこと、2人育児で2人を夫1人で面倒見てもらうのは辛いこと、また、母が体調を崩して頼れなくなった期間があったことなどから

「自分一人でなんとかしなくては」

と思い、一度、行きつけの美容院に2歳児を連れていきました。

カットのみならギリギリいけるのではないかと思ってです。

ちょうど、カットのタイミングで寝てくれたのでよかったものの、カラーやパーマの時間、待っていてもらうのはムリと実感。

そしてカラーが退色してプリンのようになってしまっていて、カラーのために子連れで行ける美容院を探しました。

子育て中は美容院を変えるママが多数?

子育て中に美容院に行く

他の人はどうしているのか気になって、普段は聞かないのですが、思い切って、習い事が一緒のママに「美容院、どうしてる?」と聞いてみました。

すると、意外なのか当然なのか、出産して幼稚園や保育園に通うまでの期間は美容院を変えるママが多数でした。

そして、快く「色んな美容院があるよ」と教えてくれたのも事実。

キッズルームと言われる家族で入れる個室を予約しているママもいました。

個室だと、室内で暴れても大丈夫なので、男の子ママや、子供が大きくなってからも行けるようです。

ついでに子供のカットもしてもらったりできます。

また、託児サービスが美容院にあると、子供を預けて、ママ1人の時間。

心からリラックスできます。

そして、キッズスペースがある美容院は多いので、託児なしで自由に遊んでもらえる場所のある美容院を選んでいる人もいました。

個室、託児は追加料金がかかる美容院もあれば、無料のところも。

「色んな美容院がある」、その言葉に背中を押されて、私も「子連れで行ける美容院」を予約してみました。

子育て中の美容院決めは条件つき!

子育て中の美容院決め

上の子は幼稚園に通っているので、その子がいない間がチャンスです。

午後の2時には帰ってくるのでそれまでに。

下の子を美容院に連れて行くのですが、問題はイヤイヤ期もある2歳児だということ。

そして、我が家はこの下の子が厄介です。

検診の時には保健師さんが距離感が近いタイプでギャン泣き。

その後も保健師さんとの相性が重要で、児童館でも若いお姉さんならいいのに妙齢の女性や男性だと泣きます。

イヤイヤ期もあり、行く場所が気に入らないと泣きわめき、ママの後追いもあります。

そのため、ママの姿が見えなくなるのはダメ、託児もどういった人がいるかわからないからダメ、はじめて行く美容院が気に入らないと泣くかもしれない不安もありました。

そうなると他のお客さんの迷惑になってしまう。

かなり条件は厳しくなってしまいました。

結果、女性の店長が1人だけの美容院、託児は「あえて」ないタイプ、キッズスペースで自由に遊んでもらえて、ママの姿が見える美容院を選びました。

他のお客さんがいない分、はじめて行く場所で泣き叫んでも

「ごめんなさい、場所見知りするんです……。」

と言い訳すればいいかと思っての決定でした。

子連れの美容院はどうだった?体験談

子連れの美容院

緊張しながら初めての美容院に訪れました。

女性店主は小学生のお子さんを持つ人で、その人も男の子のママ。

子育てトークに花が咲きました。

子供連れが多い美容院なので、DVDを見せて、音が鳴る電車おもちゃ、ウルトラマンフィギュアで遊ばせてもらいます。

自宅からは恐竜のフィギュアを持参しましたが、美容院にある目新しいおもちゃが楽しくて一人で夢中になって遊んでいます。

男の子ママだからか、DVDは流したままで、自由に遊ばせてくれて、休憩には少し話しかけるだけ。

その距離感も絶妙でした。

ママは、カラーが美容院でできて大満足。

思い切って行ってみてよかったなと感じました。

髪の毛カットを嫌がる娘!ここなら大丈夫だった

髪の毛のカット、どうしていますか?我が家はずっとセルフカット。でも、ずっと嫌がって叫んでいたんです。

セルフカットも、ママの担当ではなくてパパの担当でした。泣き叫んだりしていたので何とかならないかなと思っていたんです。

あるきっかけで、切ってもらうことになり、泣かずにカットしてもらえました。その体験談をお話します!

きっかけは幼稚園の保育参観でした

子育て中の美容院決め

子供が幼稚園に入り、保護者が参加する保育参観で驚いたことがありました。

みんな、身なりをきちんとして髪の毛も美容院でカットしてもらっている様子の子たちが多かったんです!
ヘアゴムもきちんとつけて、ポニーテールにしている子、三つ編みにしている子もいます。

それまで、未就園児として自治体の児童館に遊びに行ったりしていると、きちんと髪の毛を整えている子はあまりいなくて安心していたんです。

でも、「幼稚園に入ると美容院に行きはじめるのかな?」

そんな印象でした。そして、「我が家もちゃんと美容院に行ってみようかな?」と思うように。

ただ、美容院も、赤ちゃん筆を作るにあたって行った時はギャン泣き。髪の毛カットにあまりいい思い出がありません。

でもやっぱり、セルフカットの我が子はちょっと見た目がよくないのかなと思ったのが事実です。

セルフカットとの違いは……

ハサミ複数

髪の毛をカットすると、いつもは泣き叫んでいたので大丈夫だろうかという気持ちも強かったです。

そこで選んだのがQBハウス。

そう、1000円カットのお店です。

ショッピングセンターに入っているので、息子とパパはその間、キッズスペースで遊んでいてもらえばいいかなと思って決めました。

そして、美容院よりきっと安い1000円+消費税の価格も決め手になりました。

10分カットなので、美容院になれていない我が子でも椅子に座ってじっとしていられるよね、と思ってのことです。

QBハウスでは、券を購入して、お兄さんに渡して、カットします。食堂みたいですよね。

訪れた時は順番待ちもなく入ることができました。

予約不要なので、順番待ちになる時もあるようです。

カウンセリングもきちんとしてくれて、ジョリジョリした感じと痛いのがイヤ、子供は一人前にそう言っていました。

そして「きっとすきばさみが嫌いなんだ」ということに。そのため、あまりすかず、長さを揃える程度で痛くない方法でカットしてくれることになりました。

シャンプー、トリートメントもないサービス内容も子供にはよかったようで、全く泣かず終始ごきげん。

最後、掃除機のような装置で髪の毛を吸い取るのが、こちょこちょされているようで気に入ったよう。

「あはは!」と笑いをこらえきれない様子でした。

ボブヘアにしてもらいすっきりしました!

ボブヘアーの女の子

髪の毛はおかっぱより長いボブへアを希望。

髪の毛は部分的に長さが足りない部分はあったものの、キレイに仕上げてもらってすっきり。
やっぱりセルフカットとは見た感じが全然違いますね。
そして、10分といいつつもお兄さんが丁寧にカットしてくれたので20分ほどはカット時間を取ってくれていたような気がします。

最後にプラスティックのくしまでくれて、娘は「また行こうね」とお気に入りになっていました。

今まで、セルフカットではすきばさみを使っていたのとは逆行して、今回は極力使用せずにカットした分、髪の毛のツヤも出ました。

ママはそれも「すごい!」と驚いています。

QBハウス、ショッピングセンターに必ず入っているので、今回みたいに休日を利用して家族で行って、息子とパパは遊んでもらっている間にママ付添いで行くのもアリだな、と感じています。

子供の教育カテゴリの最新記事