幼児教室における知育教育の基礎知識

幼児教室における知育教育の基礎知識

幼児教室

幼児教室における知育教育は、早期幼児教育を始め、早期知育などとも言われています。

スポンサーリンク

幼児教室に通う事のメリット

幼児教室に通うメリット

この幼児教室に通う事のメリットは、早い年齢から適切に脳に刺激を与える事で、本来持っている能力が早く成長を始める事と、情緒面での成長を健全に促せる事です。

利用されるスペースは、保育園や幼稚園の他、企業の児童教育施設などです。

ではどうやって脳に適切な刺激を与えるかと言うと、文字主体の刺激ではなく、ゲームや歌などの遊びを通じた楽しみながら学ぶ刺激が中心です。

産婦人科医が教える0歳からの知育

遊びから学べる自己表現力

遊びから学べる

遊びではありますが、目的や効果などを意識させますので、通常の遊びとは次元が異なります。例えば、歌は英語の歌も混ぜて、英語に対する微妙な音の違いを気づかせるヒアリング能力が身に付きやすいです。

ゲームは楽しみながらすると感覚が鋭くなってきますし、自己表現方法が身に付きます。
お子様にとっては、家庭での知育教育も大変重要です。

最も基本となる生活で学べるのが理想的です。どんな家庭でも簡単な事が子どもの成長にとって役立つ刺激となる場合が多いのです。
家庭で実行しやすい教育は、しつけです。会話もするので、言葉を教えるのにも適しています。

通信教育などの利用も可能ですので、優秀な教材により高い学習効果を狙う事も可能です。

保育園は生後何ヶ月から?我が家の場合は生後1歳から

子供に教えたいのは心の教育

心の教育

大切なのは心の教育です。親の言葉から心は育っていきますので、たくさん言葉や気持ちを触れさせておく事が大切になります。
この時期のお子さんは感性が広がりやすいので、なおさらです。
寝かしつける為に利用している絵本や本の読み聞かせも重要な効果があります。
ストーリーを通して子供の想像力が高まります。積み木を始め、ブロックなどの玩具は、表現力を高めます。

子供の浴衣!我が家は着付け「なし」の1枚を選ぶ!

空間を使う子供の遊び

空間を使う子供の遊び

子供自身の手先を使っての空間遊びは、とても頭を柔らかくしてくれます。しかし、注意点があります。買い与えすぎて量が多くなると、雑な性格になりやすいので、適切な量にとどめる事です。
近年、幼稚園の受け入れ年齢の低下が目立ってきています。

保育園との違いにも変化が

幼児教室ではさらに預かり時間が延長傾向にあります。したがって、保育園との違いは無くなりつつあります。幼稚園か保育園かで選ぶよりも、運営理念や教育内容を重視して選ぶ方が良いと言えます。また、最近の傾向として幼稚園や保育園に通うだけではなく、それにプラスして、なんらかの幼児教室や習い事を経験させようとする家庭が増えています。

人気なのは、英会話教室、音楽教室、芸術教室、スポーツ教室です。幼稚園受験や小学校受験対策教室を利用されるご家庭もあります。

幼児教室における知育教育の基礎知識

子育ての悩みカテゴリの最新記事